新シリーズ「AMERICAN ULTRA」の発表と同時に世界中のアーティストを起用したビデオキャンペーンがスタート。

PR TIMES / 2019年11月6日 15時35分

日本代表アーティストに春畑道哉(TUBE)、布袋寅泰、J(LUNA SEA)が登場。

FENDER MUSICAL INSTRUMENTS CORPORATION(アメリカ合衆国カリフォルニア州・フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーション、以下フェンダー)は、新シリーズ「AMERICAN ULTRA」の発表を記念して、世界中のアーティストを起用したビデオキャンペーンをスタートしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/21878/83/resize/d21878-83-630930-0.jpg ]

フェンダーのグローバルサイトやオフィシャルYOUTUBEチャンネルでは、Vulfpeckのギタリストとして人気急騰中のコリー・ウォンや、Justin Timberlake、Maroon 5、Eminem、Rihannaといったアーティストのベーシスト/音楽ディレクターとして活躍するアダム・ブラックストーンなど、現代のミュージックシーンを牽引する注目のアーティスト5名が自身の音楽体験やAMERICAN ULTRAシリーズについて語るビデオが公開されています。

本キャンペーンの日本代表アーティストとして抜擢されたのは、その強烈な個性とプレイスタイル、そして卓越した演奏技術で国内の音楽シーンに多大な影響を与えてきた春畑道哉(TUBE)、布袋寅泰、J(LUNA SEA)の3名。日頃から愛用するフェンダー製品への熱い思いや、最先端のギターエンジニアリングを投入し、エレクトリックギター&ベースの未来形として発表されたAMERICAN ULTRAシリーズのインプレッションなどを語っています。

その他、UKやオーストラリアからも注目のアーティストが出演するビデオコンテンツが随時公開予定です。

キャンペーンビデオはフェンダー公式YOUTUBEチャンネルにて公開されています。

■フェンダー公式YOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/fender

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング