「レーベン横手 THE MID RESIDENCE」販売開始のお知らせ

PR TIMES / 2019年10月28日 16時5分

~横手の中心で、人生を謳歌する。~



 株式会社タカラレーベン(本社:東京都千代田区/代表取締役:島田和一)のグループ会社である株式会社タカラレーベン東北(本社:宮城県仙台市/代表取締役:原忠行)は、10月26日より秋田県横手市において「レーベン横手 THE MID RESIDENCE」の販売を開始致しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/34534/83/resize/d34534-83-101646-0.jpg ]


 当物件は、奥羽本線と北上線が乗り入れるJR「横手」駅から徒歩7分、横手市街地の中心として広い道路や公園、公共施設などが密集する、交通利便性が高いエリアに位置します。
 横手市10年ぶりの新築分譲マンションとして誕生する当マンションは、全邸南向きの設計、豊かな日常を創出する先進快適な設備仕様となっております。優雅なインテリアやファブリックでホテルライクな時間を演出するゲストルームをはじめ、雨や冬の日でも身体を動かしてリフレッシュできるフィットネスルーム、ゆったりとしたソファと優雅な雰囲気を醸し出すライティングで非日常を演出するパーティールームなど、多彩な共用施設を兼ね備えたデザインレジデンスです。
 当社並びにグループ会社一同は、秋田県及び東北地方においても、住まいの快適性とデザイン性を追求し続け、「タカラレーベングループならではのスタイル」の提供を目指し様々な取り組みを続けて参ります。また、「居住者と周辺環境との調和を最適な形で実現する」を共通コンセプトとして、すべてのこだわりを形にした住まいを提供して参ります。


物件の特長

<交通・生活利便性の高い立地>
1.JR奥羽本線・北上線「横手」駅まで徒歩7分
2.横手市役所をはじめ、平鹿総合病院や横手図書館などの公共機関が多数集積
3.「ツルハドラッグ横手寿町店」や「イオン横手店」など、生活利便施設も豊富

<ライフスタイルに応える充実した施設>
1.生ごみを簡単に処理し、キッチン廻りを清潔に保つディスポーザを標準装備
2.屋根付駐車場100%完備で居住者のカーライフをサポート
3.駐車場の「無散水消雪設備」、融雪ヒーターによる雪庇対策など、充実した冬対策
4.ご家族やご友人と楽しめる広々としたパーティールームを完備
5.汗を流してリフレッシュできるフィットネスルーム設備
6.ご家族はもちろん、大切なゲストが宿泊可能なゲストルーム設備


物件概要

名称 : レーベン横手 THE MID RESIDENCE
所在地 : 秋田県横手市大水戸町228他(地番)
構造・規模 : 鉄筋コンクリート造地上10階建
総戸数 : 54戸(他、管理事務室、パーティールーム、ゲストルーム、フィットネスルーム各1戸)
間取り : 2LDK+S~4LDK
住戸専有面積 : 70.97平方メートル ~88.72平方メートル
駐車場 : 55台(平置き 内屋根付き駐車場54台、来客用駐車場1台)
駐輪場 : 80台(上段ラック式33台、下段スライドラック式46台、平置1台)
バイク置き場 : 2台(屋根付)
URL : https://www.leben-style.jp/search/lbn-yokote/


マンションイメージ


[画像2: https://prtimes.jp/i/34534/83/resize/d34534-83-430327-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/34534/83/resize/d34534-83-758959-2.jpg ]




会社概要

商号 : 株式会社タカラレーベン
代表者 : 代表取締役 島田 和一
所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング16F
設立 : 1972年9月
事業内容 : 自社ブランドマンション「レーベン」・「ネベル」シリーズ及び、一戸建新築分譲住宅の企画・開発・並びに販売、発電事業、ホテル事業、建替・再開発事業、海外での不動産販売事業 他
資本金 : 4,819百万円
URL : https://www.leben.co.jp/

会社概要(株式会社タカラレーベン東北)

商号 : 株式会社タカラレーベン東北
代表者 : 代表取締役 原 忠行
所在地 : 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-2-10仙都会舘ビル5階
設立 : 1979年4月
事業内容 : 自社ブランドマンション「レーベン」シリーズ及び、一戸建新築分譲住宅の企画・開発・並びに販売
資本金 : 8,000万円
URL : http://leben-t.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング