「CAEのフロントローディング活用」「実験とCAEの相関」 が主題のフォーラムを開催

PR TIMES / 2014年1月20日 16時10分

製品開発に効果的なCAEの活用について、三菱電機様、オムロン様、 光洋サーモシステム様、ダイキン様が講演

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、「ANSYSものづくりフォーラム in 大阪 2014 ~製品開発に効果的なCAEの活用を!~」(以下、「本フォーラム」)を2014年2月14日(金)に開催することをお知らせいたします。

CAEを導入されている多くの企業様にとって、「CAEを導入したが、より効果的な運用方法は?」「どれだけ製品開発に貢献しているか、効果を測定するには?」という共通の課題があります。
そこでサイバネットは、CAE業務に携わる方を対象に「ANSYSものづくりフォーラムin大阪」を2013年3月に開催しました。当日は多くの方にご来場いただき、活発な議論も交わされ、好評をいただきました。
第2弾となる今回は、前回実施したアンケートの結果をもとに、お客様が特に関心をお持ちの2つの課題

「CAEのフロントローディング活用」「実験とCAEの相関」

をテーマとして採り上げ、実際に三菱電機株式会社様、オムロン株式会社様、光洋サーモシステム株式会社様、ダイキン株式会社様にご発表いただきます。
また、参加者同士のディスカッションの場や、ささやかな懇親会もご用意いたしますので、この機会に是非、お客様同士の交流を深めていただければ幸いです。

CAEの有効な活用方法について、お悩みの方は是非ご参加ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

ANSYSものづくりフォーラム in 大阪 2014の詳細・申し込みについては、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/ansys/seminar_event/special/forum_osaka2014.html

CAEについては、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/ansys/about/cae.html

=============================================================================
開催概要
=============================================================================

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング