有田焼創業400年事業のプロモーション映像 「ARITA EPISODE 1(1616- )」をチームラボが担当

PR TIMES / 2014年8月19日 17時46分

“有田焼400年 新しい時代のはじまり”をテーマに、チームラボがプロモーション映像を制作しました。2014年8月19日(火)より、Youtubeなどインターネット上の動画サイトにて公開します。



有田焼400年 新しい時代のはじまり”をテーマに、チームラボがプロモーション映像を制作しました。2014年8月19日(火)より、Youtubeなどインターネット上の動画サイトにて公開します。

「ARITA EPISODE 1(1616- )」は、佐賀県の協力のもと制作された有田焼創業400年事業のプロモーション映像です。プロモーション映像は、400年の歴史が今も残る有田町の風景を、有田焼ゆかりの土地、製作工程など街の様々なシチュエーションで撮影しました。また、皿から飛び出た絵柄がCGで描かれ、「新しい時代のはじまり」を表現しています。そして、2014年10月4日(土)より始まるEpisode2につながる演出となっています。


▼有田焼創業400年事業とは
日本磁器発祥の地であり、佐賀県を代表する地場産業である有田焼は、2016年(平成28年)に創業400年を迎えます。
佐賀県では、この創業400年を機に、次の100年に向けた有田焼の新たな発展の第一歩となるよう、海外展開をはじめ、新たな市場開拓などに取り組むとともに、併せて、観光や文化など他の分野とも連携し、佐賀ブランドの確立や佐賀県のプレゼンスの向上を目指し、有田焼創業400年事業に取り組んでいます。
http://arita-episode2.jp/

▼クレジット
企画:チームラボ
音楽:高橋英明

■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ハードウェアエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、絵師、編集者など、スペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。サイエンス・テクノロジー・アートの境界線を曖昧にしながら活動中。

主な実績として、カイカイキキギャラリー台北(台湾)で『生きる』展開催(2011)。『LAVAL VIRTUAL』(フランス)にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が建築・芸術・文化賞を受賞(2012)。国立台湾美術館(台湾)にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。「teamLabBody」が Unity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞(2013)。『シンガポールビエンナーレ2013』にて、「秩序がなくともピースは成り立つ」を展示(2013~2014年)。「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」(佐賀)を開催(2014)。東京駅の商業施設「KITTE」にて、新作「時に咲く花」を常設展示(2014~)。『Art Basel - Hong Kong』(香港)にて、「増殖する生命 - Gold」を展示(2014)。Pace Gallery(アメリカ・ニューヨーク)にて『teamLab: Ultra Subjective Space』を開催、デジタルアート作品6作品を展示(2014)。『香川ウォーターフロント・フェスティバル』など香川県内3会場で、ショーとデジタルアート作品を展示する 『チームラボと香川 夏のデジタルアート祭り』を開催(2014)。「秩序がなくともピースは成り立つ」が『アルス・エレクトロニカ』にて、Interactive Art部門のHonorary Mention(入選)を受賞(2014)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング