1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大型アップデート Windows 10 21H2

PR TIMES / 2021年10月7日 19時45分

リリース直後に、超スピード対応を実現

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区)は、このたびWindows 10、秋の大型バージョンアップである「Windows 10 21H2」のインサイダープレビュー版に対応した主力製品の最新バージョンをリリースいたしました。対応製品は、弊社の情報漏洩対策ソフト「Security Platform」、サイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform」、ロボティック・アシスタント「AI Humming Heads」の3製品となります。



[画像: https://prtimes.jp/i/10549/84/resize/d10549-84-9c7ca8a659b46441ff60-0.png ]


◆ユーザーの4割が最新バージョンへ移行済み
 大型アップデートへの即時対応はメーカーの義務

Windows 11のリリース発表に伴い、サポート期限が2025年10月までと確定したWindows 10。半期ごとに大型のアップデートが行われるWindows 10の最新バージョンへ、早期にアップデートを行うユーザーは多くいます。2021年9月時点で、Windows 10ユーザーのうち38%が21H1(21年春の大型アップデート)、36%が20H2(20年秋の大型アップデート)に移行しています(AdDuplex調べ)。

データからもわかる通り、多くのWindows 10ユーザーは、大型バージョンアップに際して、自身のマシンを素早く対応させています。こうした状況を鑑みるに、Windows 10で使用するアプリケーションについても、大型アップデートを適用したWindows 10に可能な限り早く対応するのは、もはやアプリケーションを提供しているメーカーの義務とも言えるでしょう。

◆セキュリティを強化する大型アップデートへの対応で
 常に最適な環境をお客様に提供します

Windows 11のリリースと重なった今回の大型アップデートは、さらなるセキュリティの強化がされています。Wi-Fi周りのセキュリティ強化、モバイルデバイスの2要素認証など大きな機能追加ではないものの、着実に必要な改修が行われました。

Windows 11のリリース後も、Windows 10の半期アップデートは2025年まで続けるとMicrosoft側は明言しています。今回のようなセキュリティに関するアップデートについては、アップデートの必要性がより高くなるでしょう。弊社製品は、今後もWindows 10の半期に一度の大型アップデートに素早く対応していくと同時に、ほかの様々なOS・アプリケーションについても、迅速な製品対応により、最新のセキュアなPC環境と、PC操作自動化により効率化された業務環境を常に提供してまいります。


名称: ハミングヘッズ株式会社
設立: 1999年10月25日
所在地:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-38-8
資本金: 1億円
事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
URL: https://www.hummingheads.co.jp/

-------------------------------------
ハミングヘッズHP・本リリースのURL
https://www.hummingheads.co.jp/press/pr_21_06_win10_21H2.html

本リリースに関するお問い合わせ
ハミングヘッズ株式会社
HP URL : https://www.hummingheads.co.jp/
TEL : 03-6808-1300
E-mail: sales@hummingheads.co.jp
-------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング