アデコグループ、国の人的資源が持つ能力や資質と競争力の評価を目的したレポート Global Talent Competitiveness Index(GTCI)を発表

PR TIMES / 2013年11月26日 16時49分

人財競争力に関する国際調査において、スイスとシンガポールが上位にランクイン ~日本は103ヶ国中、21位~

2013年11月26日:シンガポール、フォンテーヌブロー (フランス)、アブダビ
アデコグループがパートナーとして参加し、フランスおよびシンガポール、アブダビに拠点を構えるビジネススクールであるINSEAD(インシアード)と、シンガポール・ヒューマンキャピタル・リーダーシップ研究所(HCLI)が「Global Talent Competitiveness Index(GTCI)」に基づく調査を実施しました。

GTCIは、「いかに各国が人財を魅きつけ、成長させ、留めさせる能力を有するか」などといった人財に関わる指標を48のカテゴリーにより評価、人財の質に基づいた各国の競争力を測定し、今後毎年調査を継続します。各国が時間軸に沿って国の進化をモニターし、他国と比較することで、国の競争力を測る指標として役立てていただくべく、主に行政機関や企業に対して提供することを目的としています。

この調査は、世界の人口の86.3%および世界のGDPの96.7% (現在の米ドルに換算) を占める103ヶ国を対象に実施。スイス、シンガポール、およびデンマークが、GTCIのランキングでトップ3を占めました。なお、日本は21位となりました。

GTCIトップ10
1位:スイス
2位:シンガポール
3位:デンマーク
4位:スウェーデン
5位:ルクセンブルグ
6位:オランダ
7位:イギリス
8位:フィンランド
9位:アメリカ合衆国
10位:アイスランド

主にヨーロッパ諸国の国々が、GTCIの結果の上位を占めています。トップ10に含まれるヨーロッパ以外の国は、シンガポール(2位)と米国(9位)の2ヶ国のみとなっています。

上位にランクインした国々は、長年にわたる質の高い教育への取り組み (イギリス、スイス)、移民の歴史 (アメリカ合衆国、オーストラリア)、有能で才能のある人財を育て、魅きつける明確な戦略 (シンガポール) など、共通する多くの要素を備えています。

1位のスイスは、ほとんどの数値において高スコアとなりましたが、人財を魅きつける力に関しては18位でした。ヨーロッパにおいては、北欧諸国が最も人財競争力が高いという結果となっています。デンマークは、行政機関の透明性や効率性などが、他の北欧諸国よりも優れているという結果になりました。さらに、デンマークは、労働市場の柔軟性や社会保障の面でも北欧の近隣国より優れた結果となり、第3位となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング