「Note Anytime」と「Share Anytime」が、「モバイルプロジェクト・アワード2014」で、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門の優秀賞を受賞

PR TIMES / 2014年7月16日 11時8分

株式会社MetaMoJiは、2014年7月15日、『モバイルプロジェクト・アワード2014』において、デジタルノートアプリ「Note Anytime」、およびグループコミュニケーションアプリ「Share Anytime」が、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門の優秀賞を受賞し、同授賞式にて表彰されました。



2014年7月16日
株式会社MetaMoJi

<お知らせ>
「Note Anytime」と「Share Anytime」が、「モバイルプロジェクト・アワード2014」で、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門の優秀賞を受賞

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、2014年7月15日、『モバイルプロジェクト・アワード2014』において、デジタルノートアプリ「Note Anytime」、およびグループコミュニケーションアプリ「Share Anytime」が、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門の優秀賞を受賞し、同授賞式にて表彰されたことをお知らせいたします。

『モバイルプロジェクト・アワード2014』(主催:MCFモバイルプロジェクト・アワード審査委員会/一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム)は、モバイル業界の発展へ向け、優秀な個人とプロジェクトチームを表彰するために制定されたアワードです。

今回の受賞は、MetaMoJiの提供する「Note Anytime」と「Share Anytime」が、革新性、先進性、市場性、経済性、同種のプロジェクトとの優位性、ユーザーの利便性、モバイル環境での有効性、モバイル業界発展への貢献度において、市場から高く評価された結果となります。

『モバイルプロジェクト・アワード2014』の詳細については、以下サイトをご参照ください。
http://www.mcf.or.jp/mpa/2014/about_mpa/index.htm

【Note Anytime概要】
<Note Anytimeのコンセプト>
あなたの”想い”を自由自在に - Note Anytimeを使えば、思いついたことを手書きですぐ書いて、後から自由自在に編集・再利用できます。また、無機質になりがちなコンピュータ文字(フォント文字)であふれる既存の文書の上に、重要ポイントや強調したい内容を自由自在な手書きの表現で追記できるため、上司と部下、取引先などの間で、コミュニケーションがより明確になり、ビジネススピードを加速することに繋がります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング