ダビガトランエテキシラート(日本での製品名:プラザキサ(R))、ワルファリンに比べて、手術・侵襲的手技前の投与中止期間を短縮

PR TIMES / 2012年6月28日 19時52分

この資料は、ドイツのベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim GmbH)が6月18日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。なお、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。
抗凝固療法を受けている患者は、手術や侵襲的手技を受ける際に出血の危険性が増大するため、危険性に応じて抗凝固薬投与の一時中止や代替療法の使用を考慮すべきです。

2012年6月18日  ドイツ/インゲルハイム
手術・侵襲的手技を受ける心房細動患者において、直接トロンビン阻害剤ダビガトランエテキシラート(日本での製品名:プラザキサ(R))はワルファリンに比べて、手術前の投与中止期間を短縮させることが、RE-LY試験の新たな解析結果から示されました。その研究内容がこのほど、Circulation誌に掲載されました1。抗凝固療法を中止している間、脳卒中発症のリスクは高まりますが、この解析結果から、ダビガトランエテキシラートはワルファリンに比べて、中止期間を短くするばかりでなく、投与中止後48時間以内に手術を受けた場合に、周術期の出血リスクを低下させることが明らかにされました1。
この新たな解析から、投与中止後48時間以内に手術を受けることのできた患者の割合は、ワルファリン群よりもダビガトランエテキシラート群で有意に高いことが示されました(ワルファリン群11% vs. ダビガトランエテキシラート群 [150 mg 1日2回投与/110 mg 1日2回投与] 46%、p < 0.001)1。その理由として、半減期がワルファリンで約36時間であるのに対し、ダビガトランエテキシラートは12~17時間と短く2、抗凝固作用の発現と消失がワルファリンよりも速やかである本剤の薬物動態的特性が考えられます。

さらに、緊急手術や大手術を含む手術・侵襲的手技を受けた患者においてみとめられた出血イベントや塞栓症イベントの発現率は、ダビガトランエテキシラート群とワルファリン群で同等でした1。

マクマスター大学(ハミルトン/カナダ)のジェフ・ヒーリー(Jeff Healey)医師は次のように述べています。「抗凝固療法を受ける心房細動患者さんが手術・侵襲的手技を必要とするケースは少なくありません。今回の解析結果から、ダビガトランエテキシラートは、大手術、小手術にかかわらず、周術期の出血リスクと塞栓症イベントについてワルファリンと同等であることが示されました。また、ダビガトランエテキシラートが投与された患者さんの約半数は、抗凝固療法の投与中止から48時間以内に手術を受けることができました。このように塞栓症のリスクが高まる投与中止期間を短縮しながら、手術時に十分な止血効果が得られたのは重要なことです」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング