フューチャーアーキテクト、外為どっとコムの店頭FXサービスのシステムを刷新

PR TIMES / 2014年11月25日 10時28分

高速化と安定化によるサービスレベル向上で取引件数が大幅増加

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金丸恭文、以下フューチャーアーキテクト)は、株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内淳、以下外為どっとコム)の外国為替保証金取引(以下店頭FX)サービスのシステムを2013年に新たに構築し、2013年12月に約37万の全委託口座の移管を完了してからの1年間、市場の活況に伴う店頭FX取引量の大幅な増加に対応しつつ高パフォーマンスかつ安定した稼働を続けていることをお知らせいたします。



個人を中心とした一般投資家を対象として、インターネットを通じた店頭FX事業を行う外為どっとコムは、FX業界における「預かり資産」部門において10年連続で第1位(*1)を誇っています。2002年4月の設立以来、お客様の立場に立った様々なサービスを提供し続けてきましたが、昨今は他の事業者の新規参入による競争激化などのビジネス環境の変化もあり、より品質が高く優位性のあるサービスを提供するためには新しいシステムを構築する必要がありました。
こうした背景のなか、外為どっとコムは更なる顧客満足度の向上を目的に店頭FXサービスの刷新を決めました。高品質サービスの提供を支えるシステムには「高速化」「安定性」「拡張性」は必須であり、それらを以下のとおり実現しています。

【高速化】(1)超高速約定スピード最速0.009秒
        ディーリングシステムの約定処理時間は最速0.000352秒(352マイクロ秒)
     (2)383,436口座のロスカットチェック間隔5秒以内
【安定性】全委託口座の移管完了後ダウンタイム0秒 (*2)
【拡張性】設定口座数、注文・約定数の増加に伴うスケールアウト

IT戦略パートナーであるフューチャーアーキテクトは、難易度の高いシステムの構築を短納期かつ低コストで成功させました。また、秒間2,000件の注文という初期性能目標値に対して検証を徹底して行い、1年後の現在もシステムは高パフォーマンスで安定した稼働を続け、外為どっとコムの店頭FX取引数量の大幅増加(前年比5.7倍)に大きく貢献しています。
フューチャーアーキテクトは、外為どっとコムのビジネスの更なる拡大に向けて、今後も一体となったプロジェクト体制で経営とITの両面から強固なサポートを継続していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング