【かばんに関するアンケート調査】所有しているかばんの数は「1~2個」「3~5個」「6~10個」が各2~3割。購入するタイミングは「かばんが壊れた、古くなった」が最多

PR TIMES / 2014年2月19日 9時44分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『かばん』に関してインターネット調査を実施し、2014年1月1日~5日に10,572件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18613/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■かばんの所有数は「1~2個」「3~5個」「6~10個」が各2~3割。所有しているかばんのタイプは「ショルダーバッグ」が最も多く、「トートバッグ」「リュックサック、バックパック」「エコバッグ」「ハンドバッグ」が続く
■かばんを購入するタイミングは「使っていたかばんが壊れた、古くなってきた」が最も多く、「気に入った商品を見つけた」「用途にあわせて必要になった」「気分転換」「使っていたかばんに飽きた」の順で続く
───────────────────────────────────────────



◆かばんの所有状況
所有しているかばんの数は、「1~2個」「3~5個」「6~10個」が各2~3割です。女性50代以上では「11個以上」が3割強となっています。使用しているかばんの数は、「1~2個」が60.8%、「3~5個」が29.6%となっています。

所有しているかばんのタイプは、「ショルダーバッグ」(71.9%)が最も多く、「トートバッグ」「リュックサック、バックパック」「エコバッグ」「ハンドバッグ」が各4~5割で続きます。「エコバッグ」「ボストンバッグ」「フォーマルバッグ」「セカンドバッグ、クラッチバッグ」などは、女性高年代層ほど多くなっています。「リュックサック、バックパック」は、女性の10代と50代以上で多く、30代が少なくなっています。


◆かばんの使い分け
かばんを使い分けるかを聞いたところ、「用途や天気等によって変える」が47.6%、「服装や気分によって変える」「同じかばんを使うことが多い」が各4割弱です。「服装や気分によって変える」は女性が男性を約32ポイント上回ります。また、女性10代では「用途や天気等によって変える」が少なくなっています。


◆かばんの購入場所、価格、購入時の重視点
かばんの購入場所は「ショッピングセンター・モール、アウトレットモール」「百貨店・デパート」がかばん所有者の各4割強、「インターネットショッピング」「バッグ専門店、衣料品専門店、ブランドショップ等の路面店」「駅ビル、ファッションビル」「スーパー」が各2~3割で続きます。「ショッピングセンター・モール、アウトレットモール」「駅ビル、ファッションビル」は、女性が男性を20ポイント以上上回ります。男性20代以上や女性50代以上では「百貨店・デパート」が最も多く、女性30・40代では「インターネットショッピング」も多くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング