2013年に行きたいイベント、トップは「東京ディズニーリゾート30周年"ザ・ハピネス・イヤー"」

PR TIMES / 2013年1月21日 19時26分

「伊勢神宮」「出雲大社」の"式年遷宮"が続く



 フォートラベル株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 井上英樹、以下、フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」(http://4travel.jp/)にて、2013 年に開催・開業予定のイベント・施設についてアンケートを実施いたしました。結果を以下にご報告いたします。


2013 年に行きたいイベント TOP3

1位 東京ディズニーリゾート30周年"ザ・ハピネス・イヤー"
2位 伊勢神宮 式年遷宮
3位 出雲大社 本殿遷座祭(平成の大遷宮)

【その他の選択肢(50音順)】
あいちトリエンナーレ2013、秋田新幹線E6 系(スーパーこまち)、新・歌舞伎座(GINZA KABUKIZA)、瀬戸内国際芸術祭2013
※自由記述で、白神山地世界遺産登録20 周年 関連イベント、ひろしま菓子博2013 等も票を集めた


 2013年に開催が予定されているイベントや開業予定の施設について、行ってみたいかどうかを聞いたところ、行きたいイベントのトップは「東京ディズニーリゾート30 周年"ザ・ハピネス・イヤー"」となった。「東京ディズニーリゾート30周年"ザ・ハピネス・イヤー"」は、東京ディズニーランドが開園してから30年を記念して行われるもので、2013年4月15日(月)より340日間にわたり様々なパレードやイベントが開催される。結果を年代別にみると、20 代の人気が圧倒的に高く61.0%。続いて30 代、40 代と年代が上がるにつれてポイントは落とすものの、幅広い世代に人気が高い結果となった。学生や若者だけでなく、子供や孫など家族と一緒に大人も楽しめることが支持を得た要因のひとつであると考える。


 2 位は「伊勢神宮 式年遷宮」。"遷宮"とは、神社の正殿を新しく建てるなどした際にご神体を遷す、例えるなら「神様のお引越し」。伊勢神宮では20 年に一度遷宮が行われ、今年62回目の"式年遷宮"が行われる。アンケート結果を年代別にみると、30代から60代の各世代で3割を超える票が集まっており、広い世代に関心が高いことが伺えた。伊勢神宮は全国の神社を包括する「神社本庁」の本宗。神社の中でも特別に神聖な場所である伊勢神宮の式年遷宮が、多くの人から注目を集めてい
た。


 3位は、「出雲大社 本殿遷座祭」。こちらも伊勢神宮と同じ"遷宮"だが、出雲大社の式年遷宮は60年に一度行われるため「平成の大遷宮」とも呼ばれている。結果を年代別にみると、30 代(30.5%)、60 代(30.8%)が特に多く、男女別では男性が24.5%であるのに対し、女性は30.6%。特に30代は、男性が19.2%に対して、女性は38.2%と男女差が顕著だった。30代女性は、伊勢神宮についても39.2%が行きたいと回答しており、縁むすびやパワースポット人気と関連がありそうだ。


 なお、4 位以降は、3 月に運用開始予定の「秋田新幹線E6 系(スーパーこまち)」、4 月にオープン予定の「GINZA KABUKIZA」などの施設(イベント)が多く票を集めた。


調査概要
<調査方法>
フォートラベルのサイト内でアンケートを実施。行ってみたいイベント・施設を複数選択形式で回答、選択肢にない場合は自由記述。比率が高い順よりランキングを行った。
<調査期間>
2012 年12 月27 日 - 2013 年1 月7 日の12 日間
<調査対象>
フォートラベル利用者(有効回答数:941 件)


特集ページURL
http://info.4travel.jp/special/20130121_trend_event.html

フォートラベル株式会社について
事業内容:旅行総合情報サイト『旅行のクチコミサイト フォートラベル』の企画・運営
所在地 :東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 恵比寿アイマークゲート6F
代表取締役社長:井上 英樹
2004 年 1 月にサイトを開設。ユーザーが実際に体験した国内外の旅行情報のほか、ツアー・ホテル・航空券などの旅行商品を一括で比較・検索できるサービスを提供。


データ利用について
1.掲載に際しては「旅行のクチコミサイト フォートラベル(http://4travel.jp/)調べ」と必ず明記をしてください。
2.掲載の写真は貸与が可能です。元画像をご希望の場合は問い合わせ先までご連絡ください。
3.本レポートは情報提供を目的としています。掲載したデータ及び当該データを加工したグラフ等の正確性・確実性については、その内容を完全に保証するものではありません。また、本調査結果の利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任は負いません。
4.本レポートのご利用にあたっては、以下の事項を禁止いたします。
・本レポートを改竄して使用すること。
・本レポートを第三者に対し有償で提供すること。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング