【FXTF】バイナリーオプション取引 自主規制ルールへの今後の対応について

PR TIMES / 2013年8月15日 18時7分



平素よりFXトレード・フィナンシャルを御愛顧頂き、誠にありがとうございます。


一般社団法人金融先物取引業協会にて、自主規制ルール「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」
ならびに同規則に係る「ガイドライン」が2013年7月18日に制定され、2013年8月1日に施行されました。

(ご参考)個人向け通貨関連店頭バイナリーオプション規制について
一般社団法人金融先物取引業協会: http://www.ffaj.or.jp/binop/


弊社は、現行の店頭バイナリーオプション取引(HGH・LOW、HIGH・LOW MAJOR)に
関する自主規制ルールへの対応につきましては、下記の通り対応を予定しております。


http://www.fxtrade.co.jp/support/systemNews#id908

自主規制ルールへの対応予定の概要
新サービスの概要ならびに正式な変更日につきましては、最終的に確定した後、
すみやかに弊社ホームページおよびマイページ内のお知らせにてご案内いたします。


■□■会社概要
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
株主資本:10億11百万円 (2013年6月末現在)
代表電話番号: 03-4577-6777
FAX: 03-5765-6415
http://www.fxtrade.co.jp/corporate/corp_info.html

■□■本リリースにおけるお問い合わせ
株式会社FXトレード・フィナンシャル
support@fxtrade.co.jp
フリーダイヤル 0120-445-435
【金融商品取引業者登録番号】 関東財務局長(金商)第258号
【加入団体】一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。
外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング