汎用有限要素法解析ツールANSYS 最新バージョン15.0 日本語版国内出荷開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年2月3日 10時40分

各種解析機能の強化に加え、高速化・自動化による解析業務全体の 効率化機能を拡充。複雑化が進む製品設計を強力に支援する最新版を、 日本語環境で提供開始。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、米国ANSYS 社(本社:米国ペンシルベニア州、社長兼最高経営責任者:ジェームス・イー・キャッシュマン、以下「アンシス社」)が開発・販売・サポートする汎用有限要素法解析ツール「ANSYS(アンシス)」の最新バージョン15.0日本語版(以下「ANSYS 15.0」)の国内出荷とサポートを2 月上旬より随時開始することをお知らせいたします。

ANSYS は、構造・熱流体・電磁界・回路・システムなどの様々な物理現象やそれらを組み合わせた連成問題を、目的に合わせて柔軟に解析することができるマルチフィジックス解析ツールです。

ANSYS 15.0 はアンシス社が提唱するSDPD(Simulation Driven Product Development:シミュレーション主導による製品開発)というコンセプトに基づき、各種解析分野での機能強化はもちろん、高速化・自動化などを通じてワークフローの効率化を支援し、お客様のイノベーションに寄与します。

===============================================
主なバージョンアップ項目
===============================================

-------------------------------------------------------------------------------------
構造解析
-------------------------------------------------------------------------------------
■外部メッシュデータの連結解析がより簡単に
ANSYS 15.0 より、ANSYS Workbench 環境においても、外部ツールで作成したメッシュデータを使って解析できるようになりました。これによりソリッド要素やシェル要素を含むファイルを「外部モデル」システムを経由して読込めるようになり、簡単な紐付け操作で連結解析ができるようになりました。さらにパーツ間の接触もジオメトリを扱う時と同様に自動的に生成されるようになり、パーツ毎に個別にメッシュを生成し、メッシュモデルからアセンブリを構築することもできます。また読み込み時にスケーリングや、移動、回転を行うことも可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング