Aplixの「新型Beacon」がスマホ決済サービス「GMO Pallet」に採用 ~ お財布要らず、サインも不要、Beaconを利用した『かざす決済』により支払いを簡単・便利に ~

PR TIMES / 2014年9月19日 9時39分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、O2Oや位置情報等の幅広いサービスの新しいソリューションとして注目されているアプリックスのBeaconが、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦一成、以下「GMO-PG社」)のスマートフォン決済サービス「GMO Pallet」※に採用、渋谷区道玄坂周辺の飲食店などに導入され、同決済サービスとの 連携により、店頭に置かれたアプリックスのBeacon「MyBeacon(R) Pro MB004」がお客様の来店を検知し自動でチェックイン、レジ横に設置された新型Beacon「MyBeacon(R) Pro 近接域特化型 MB004 At」にスマートフォンをかざすだけで決済を実現するサービスが本日より開始されることを発表いたします。



これまで「GMO Pallet」では、事前にクレジットカード情報を同アプリケーションに登録し、店舗での実際の会計時には4桁の暗証番号をお客様に入力してもらう必要がありましたが、このたびアプリックスのBeaconを採用したことにより、iPhone(R)で「GMO Pallet」をご利用のお客様はスマートフォンをBeaconにかざすだけで決済が完了し、簡単・便利でスピーディなお支払いができるようになります。店舗側にとっても、ランチなどの混雑時における会計時間を短縮することができるようになり、店舗オペレーションの改善や業務効率化の実現を可能にします。

このたびGMO-PG社に採用されたアプリックスの新型Beacon「MyBeacon Pro 近接域特化型 MB004 At」は、電波を受信して反応する範囲を最小で約15cm以内に制限できるため、同社が提供するスマートフォン決済サービス「GMO Pallet」で使用される近接認証などにも安全かつ安心してご利用いただけます。

アプリックスでは、高いソフトウェア開発技術力と先進性をもとに、当社の優位性を発揮できるテクノロジー事業において、お客様のご要望に応じて、いち早く優れた技術を提供するとともに、低価格かつ安心・安全で誰もが簡単に使えるBeaconのハードウェアや、セキュリティなどのインフラサービスを提供していくことにより、市場の拡大と事業基盤の拡大に努めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング