【ドリームインキュベータ】KKdayの「クールジャパン機構」等からの資金調達ラウンドについてのアドバイザリー・サービスを行いました

PR TIMES / 2019年8月31日 12時40分

株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、株式会社海外需要開拓支援機構(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:北川直樹、以下、クールジャパン機構)等が参加するKKday(本社・台湾、CEO陳明明(Ming Chen))の資金調達ラウンドについて、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスを下記の通り行いました。



1.支援の概要

DIは、アジア最大規模の旅行先現地ツアー・アクティビティのオンライン予約・販売プラットフォームを展開する台湾のベンチャー企業「KKday(ケイケイデイ)」が、クールジャパン機構等からの資金調達を実施するにあたり、KKdayへの資本政策等についてのファイナンシャル・アドバイザリーサービスを行いました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10437/87/resize/d10437-87-250261-3.jpg ]

 (写真左:KKday CEO Ming Chen氏、右:クールジャパン機構 代表取締役社長CEO 北川 直樹氏)


2.背景


訪日インバウンド市場が拡大を続ける中で、スマートフォンの普及も背景に、「旅ナカ」(旅行中のツアー・アクティビティ等)に関する情報収集・予約・手配を旅行者個人が自ら手軽に行うことに対する需要が増えています。

KKdayは、利用者の旅行先として最も多い日本を事業戦略上の重要エリアとして注力しております。

このたび、クールジャパン機構は、KKdayによるサプライヤー・自治体との提携拡大やマーケティング強化など、事業拡大のための成長資金を出資することで、アジアの訪日旅行客の「旅ナカ」消費を促進し、訪日の満足度とリピート率を高めるとともに、既に確立された観光地のみならず日本各地の様々な地域による訪日旅行客の獲得を支援し、日本の観光産業発展と地域経済活性化に貢献します。


KKday陳明明社長は、連続起業家として過去3社の旅行事業を成長させた実績を有します。


台湾初のオンライン旅行代理店Eztravel(2009年に中国最大手CtripにM&A)を創業
台湾オムニチャネル型旅行代理店StarTravelを創業し上場(2012年)
台湾オンライン旅行代理店Ezflyを買収し、わずか4年で赤字を黒字に転じさせ上場



[画像2: https://prtimes.jp/i/10437/87/resize/d10437-87-989014-1.jpg ]

(写真:記者会見後のKKday、クールジャパン機構、DIのプロジェクト・メンバー)

<ご参考>
KKdayの日本語ウェブサイトへのリンク: https://www.kkday.com/ja
KKdayの日本語アプリダウンロードへのリンク: https://event.kkday.com/ja/app
クールジャパン機構の発表へのリンク: https://www.cj-fund.co.jp/files/press_190830-jp.pdf

■ KKday 概要  ( https://event.kkday.com/ja/about/about?fr=7008)
 会社名 : KKday
 代表者 : 代表取締役社長 陳 明明
 本社 : 台湾・台北
 設 立 : 2014年5月
 上場区分 : 未上場
 事業内容 : 旅行者向け体験型の現地ツアーECプラットフォームの運営


3.DIのプライベートキャピタル事業について

DIのプライベートキャピタル・グループは、起業家・スタートアップ企業を中心とする資金調達やM&Aのアドバイザリー業務に注力しております。国内市場にとどまらず、グローバル市場で挑戦する国内外の起業家や大企業のネットワークを活用し、起業家/ベンチャー企業や大企業の事業拡大・新規事業・海外事業の実現を支援いたします。( http://www.dreamincubator.co.jp/company/members/private-capital/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング