1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【本物の海の幸から型取って製作】使うだけで料理が華やかになる海鮮4種の神器が発売

PR TIMES / 2021年4月9日 12時45分

通常は廃棄される海の幸の殻や甲羅が一生物の食器に!?

精密鋳造メーカーである株式会社キャステム(広島県福山市、代表取締役:戸田拓夫)は、本物の蟹・牡蠣・栄螺・蛤から型取って製作した錫製の食器を自社ECサイト『IRON FACTORY( https://www.ironfactory-castem.com/)』にて、2021年4月9日(金)の15:00より販売を開始致します。錫は殺菌・鮮度保持機能があり、食材を長持ちさせたり飲料をまろやかにするとも言われています。使うだけで料理が華やかになる食器。ご家庭だけではなく、居酒屋や料亭まで幅広くお使い頂けます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35017/87/resize/d35017-87-698472-0.jpg ]


料理における器は大変重要な要素であり、その料理の第一印象に深く関わります。
食材そのものの外皮や殻を器として使うという事が古くから行われており、例えば、南瓜の中身をくり抜いて調理したものをその外皮に盛り付ける事で、収穫したばかりの新鮮さを思わせ、ごつごつとした外皮には自然の温もりを感じさせる効果があります。
しかし、この方法で提供された器の多くは使い回される事なく、破棄されてしまいます。

私たちはその器が持つ自然の美しさや有機的な形をずっと手元に残しておける方法がないかと思い立ち、「海の幸」をテーマとしてその素材を活かす本格的な食器を開発致しました。

本物の蟹・牡蠣・栄螺・蛤から型取り、キャステムの精密鋳造技術にて製作された錫製の食器。
錫(すず)は「水に錆びず、水をまろやかにし、酸化(腐食)を遅らせる」効果があることから、わが国でもお酒をまろやかにする酒器として使われてきました。又、殺菌・鮮度保持機能があることから、食材が長持ちするとも言われています。

料理を華やかに盛り立てる活きた食器。ご家庭だけではなく、居酒屋や料亭まで幅広くお使い頂けます。

・商品名 :蟹の甲羅の小鉢
・販売価格:8,800円(税込)
・サイズ :横10.5cm×縦10cm×高さ3.5cm
・重量  :370g
・材質  :錫
・生産国 :日本
[画像2: https://prtimes.jp/i/35017/87/resize/d35017-87-316352-1.jpg ]


・商品名 :牡蠣の蓋付き小平皿
・販売価格:6,600円(税込)
・サイズ :横12.5cm×縦5.5cm×高さ3cm
・重量  :360g
・材質  :錫
・生産国 :日本
[画像3: https://prtimes.jp/i/35017/87/resize/d35017-87-717256-2.jpg ]


・商品名 :栄螺のお猪口
・販売価格:6,050円(税込)
・サイズ :横7cm×縦6.5cm×高さ4cm
・重量  :310g
・材質  :錫
・生産国 :日本
[画像4: https://prtimes.jp/i/35017/87/resize/d35017-87-813969-3.jpg ]


・商品名 :蛤小皿
・販売価格:2,200円(税込)
・サイズ :横7cm×縦5cm×高さ3cm
・重量  :約50g
・材質  :錫
・生産国 :日本
[画像5: https://prtimes.jp/i/35017/87/resize/d35017-87-368602-4.jpg ]


【ショップ概要】
・株式会社キャステムECサイト「IRON FACTORY」
https://www.ironfactory-castem.com/

ロストワックス精密鋳造・メタルインジェクション(MIM)の技術を用いて、電車・工作機械・医療機器等あらゆる産業の精密部品の製造販売を主軸としています。その技術を活かし、2017年より個人のお客様を対象とした商品の企画・製造・販売を開始。著名人の手型の金属製オブジェやモンスターボール虫カゴ、原作を完全再現した鋼製のロビンマスク等、これまでに無いグッズを次々と生み出し、今大変注目を受けております。令和元年には日本最速の新元号グッズの発売に挑戦。新元号発表から2分27秒後に令和ぐい呑みを発売し、様々なメディアに取り上げられました。その他、紙ヒコーキ、コマ大戦、CTスキャンスタジオ(京都)、パニパニファーム(宮古島)など、常に金属・常識にとらわれないモノづくりへの挑戦を行っています。

【本商品に関するお問い合わせ先】
株式会社キャステム 担当:池田
TEL:084-955-2221
E-mail:s_ikeda@castem.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング