アルテラ、新しい100G EthernetおよびInterlaken IPコアをリリース~高容量伝送およびバックホール・アプリケーションを促進~

PR TIMES / 2013年11月20日 10時50分

最新コアにより、クラス最高のIPポートフォリオを強化。最高性能、最小レイテンシ、最小リソース・エリアを実現

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間11月19日 (日本時間:11月20日)、同社のMegaCore IPライブラリに、4つのクラス最高のIPコアを新たに追加し、IPコア・ポートフォリオを強化したことを発表しました。


これらの新しいクラス最高のIPコアには、高性能および低レイテンシな100G Interlaken、100G Ethernet、40G Ethernet、および10G Ethernet IPが含まれており、業界最高の性能、最小のレイテンシ、および最小のリソース使用率を実現すべく最適化されています。データセンターおよびネットワーク機器の開発者は、これらの汎用ソリューションを利用して、システム帯域を増やしつつ、自社のエンド・システムを差別化することが可能になります。InterlakenおよびEthernet IPコアは、その他の標準インタフェースIP同様、すでに提供開始されており、Quartus II 開発ソフトウェアの最新版v13.1によって完全にサポートされています。


アルテラのIPデザイン担当バイスプレジデントのデビッド・ケーレット(David Kehlet)は、「当社は技術革新に注力することで、低レイテンシ化、高性能化、およびリソース使用率の削減を実現し、従来の設計上の障壁やトレードオフを克服、高性能IPコア設計のベスト・プラクティスにおいて、新たな基準を確立しました。当社は今後も、新しいIPおよび再設計されたIPコアをリリースし、IPコアにベスト・プラクティスを実装してまいります」と述べています。


MegaCore IPライブラリに含まれているすべてのIPは、シリコン上で評価・実証されています。これらのIPコアは、15%のタイミング・マージンにより、一層高速なタイミング収束を実現しており、それによって複数のIPコアを自社のデザインに迅速に統合することが可能です。新しいInterlakenおよびEthernet IPコアは、アルテラの高性能Stratix V FPGAならびに第10世代FPGAおよびSoCでの使用に最適化されています。20nm Arria 10 FPGAに実装されたこれらのクラス最高IPコアは、現在、アーリー・アクセス・ソフトウェアによって活用することができます。MegaCore IPライブラリに含まれる新しいIPコアは、以下の通りです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング