『THINK Y DESIGN! featuring ‘‘merci’’展』を開催中 ~「MARK’STYLE TOKYO 表参道ヒルズ店」にて~

PR TIMES / 2012年11月29日 13時1分

デザインステーショナリー、ファッションアクセサリー、インテリアアクセサリーなどの企画・製造・輸入・販売を行う株式会社マークス(代表取締役:高城和彦、本社:東京都世田谷区、URL:http://www.marks.jp/)が運営するデザインストア「MARK'STYLE TOKYO(マークスタイル トーキョー)表参道ヒルズ店」(※)にて、ギャラリーイベント『THINK Y DESIGN! featuring ‘‘merci’’展』を開催中です。(~12/16(日)まで)



今秋、フランス・パリのセレクトショップ ‘‘merci’’(メルシー)が「Y DESIGN展」を開催し、大きな話題となりました。
そしてこのたび、マークスのビジネスパートナーである‘‘merci’’へのオマージュを込めて、MARK’STYLE TOKYO 表参道ヒルズ店では同コンセプトによる『THINK Y DESIGN ! featuring ‘‘merci’’展」を開催いたします。


ギャラリーでは、ジェネレーションY(Y世代)が共感する、あるいはデザインしたデザインプロダクトを展示。

彼らの感性や価値観を間近に感じていただくことができます。

ラインアップはデジタルガジェット、デジタルレトロ、エコロジー、グリーンなどの関連アイテムを中心に構成し、一部、‘‘merci’’開催「Y DESIGN展」でのラインアップも加わっています。


さらに、次世代のプロダクトデザイナーとして注目を集める‘‘大沼 敦 氏’’作のデジタルガジェット「スマカルゴ」を展示しています!

「スマカルゴ」は、椅子、テーブル、照明、操作面のPCが脱着可能で、家具とモビリティが融合した電気スクーター。
『DESIGNTIDE TOKYO 2012』でも大きな話題を集めました。実際にご覧いただける絶好の機会です!

(URL:http://www.atsushionuma.com/)


■ merci(メルシー)
2009年3月にパリ・マレ地区にオープンしたコンセプトショップ。
「モード, 社会貢献, ライフスタイル」というコンセプトとラインアップは、感度の高いパリジャン、パリジェンヌ、そして世界中のクリエーターたちから常に注目を集めています。
創設者は、マリー・フランスとベルナール・コーエン夫妻。1500平方メートルの店内で、シックでカジュアルな日用品や洗練されたデザインの雑貨などを展開。収益の一部は、マダガスカルの子供たちのために役立てられるなど、チャリティという形で社会へ還元されていることも共感を呼んでいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング