『 Idea Tech V4 (アイデア テック V4)ハイブリッド』~2013年3月中旬より販売開始~

PR TIMES / 2013年1月21日 10時59分

クラウン部からソール部まで貫通した溝で大きな飛距離を実現する カットスルーVST搭載 アダムス史上最も先進的かつ易しくプレーできる“ハイブリッドクラブ”

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)が展開する「アダムスゴルフ」ではこの度、クラウン部からソール部まで貫通した溝で大きな飛距離を実現するヴェロシティ・スロット・テクノロジー(以下VST)にカットスルーデザインを搭載し、アダムス史上最も先進的かつ易しくプレーできるハイブリッドクラブ『Idea Tech V4 (アイデア テック V4)ハイブリッド』を、2013年3月中旬より販売開始します。



『Idea Tech V4 ハイブリッド』は、“アイアンの扱いやすさ”と“フェアウェイウッドの飛び”の融合をコンセプトに開発されました。今回搭載された、クラウン部からソール部まで貫通した溝「カットスルーVST」は、ヘッド上下の溝で高い許容性を与え、易しく高弾道で大きな飛距離を実現するVSTのコンセプトを発展させ、クラウンからソールを貫通させたテクノロジーです。クラウン側及びソール側それぞれのスロットは、TPU製のバッジで密閉し、これによりドライバー同様のフェースCT値※1をもたらすことに成功しました。またこのテクノロジーによってフェースに「スプリング効果」を生み出し、フェース全面にわたり、速いボールスピードとミスヒットへの高い許容性を与えています。さらに、複合素材構造を採用し、タングステンによる周辺重量配分で重心位置を適正に配置することにより、打ちやすさと高い打ち出し角を実現しています。


アダムスゴルフは、「もっと上達したい」と考える中高年ゴルファーを中心に、アダムス史上最も先進的かつやさしくプレーできるハイブリッドクラブ『Idea Tech V4 ハイブリッド』を投入することで、大きな飛距離と易しさを提供します。


※1CT(Characteristic Time)値=「ペンデュラムテスト」の衝突時接触時間から求めたヘッド特性時間。現行SLEルールの基準値ではCT値257usをルール上限としている。(以前のCOR(反発係数)基準値0.830相当)


■ヴェロシティ・スロット・テクノロジー(VST)

ヘッド上下の溝で高い許容性を与え、易しく高弾道で大きな飛距離を実現するテクノロジー

【反発力の飛び】
ソールの溝(ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング