1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

1年で最も発達凸凹キッズが荒れやすい2学期を前に、親子のかかわり方を変える『イライラを手放して優しく叱るママになれる本「1日1分”ロジトレ”」~凸凹キッズの子育て専用ワーク付き~』小冊子無料配布開始

PR TIMES / 2021年8月20日 11時15分

株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊嶋区、代表取締役吉野加容子)代表の吉野加容子が開発した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させる「発達科学コミュニケーション」講師・森あやによる、1年で最も発達凸凹キッズが荒れやすい2学期を前に親子のかかわり方を変えて子どもの自立を進ませる小冊子『イライラを手放して優しく叱るママになれる本「1日1分”ロジトレ”」 ~凸凹キッズの子育て専用ワーク付き~』を無料配布開始しました。ダウンロードはこちら< https://www.agentmail.jp/lp/r/2502/15787/)



[画像1: https://prtimes.jp/i/54387/88/resize/d54387-88-136f738b88a6764dfc11-0.png ]

こんにちは。発達科学コミュニケーショントレーナー森あやです。親子のコミュニケーションをスムーズにして、ルールが守れない問題児に「思考力」を与えることで、問題行動を解消するだけでなく、人生100年時代を生き抜く力を授ける専門家として活動しています。

この度は、1年で最も発達凸凹キッズが荒れやすい2学期を前に親子のかかわり方を変えてママのイライラを解消しながら、子どもの自立を一気に進ませ、子育てをラクにする方法をお伝えする小冊子をリリースしました。

ママたちの子育ての悩みを伺っていくなかで、口を揃えてお話ししてくださることがあります。

それはズバリ、

「本当は叱りたくないのに叱ってしまうんです…」
「つい、感情的になってガミガミ言ってしまうんです」

と言うお悩みです。

叱るのは良くないって分かっているし、本当は穏やかなママでいたい。

けれど、困った行動やトラブル、失敗だらけの発達凸凹キッズに対して、ついあれこれ言ってしまったり、感情的になってしまったり、責めるような口調になったりしてしまう方が非常に多いのです。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特性を持つ子どもたちは、不注意だったり、衝動性が強かったり、落ち着きがなかったりという特性を持っているため、どうしてもお母さんをイライラさせる行動が増えがちです。

特にこれから2学期に入ると、学校では行事が増えたり、授業も一段と難しくなったりすることから、子どもたちの負担が増し、荒れやすくなってしまいます。荒れている子どもに巻き込まれて、ママもさらにイライラしてしまいやすくなってしまいます。

ママが「叱りすぎかも…」と悩まれているのであれば、今すぐ対応が必要です。

なぜならADHDキッズは間違った叱り方をされると、

・考える力が育たなくなる
・自信をなくす

など、発達に悪影響を与えてしまうからです。

そこで、ママが論理的思考(ロジカルシンキング)を身につけて、イライラを手放して冷静に対応する必要があります。

論理的思考とは、「問題をできるだけ簡単に解決していく力」のこと。

この小冊子では、1日1分の「ロジトレ(ロジカルトレーニング)」ワークに取り組むことで、子育ての困りごとを簡単に解決する力がつき、怒らずに凸凹キッズを育てることができるスキルをお伝えしています。

この小冊子でママの思考が変わり、使う言葉が変わり、関わり方が変わることで、子どもたちが驚くほど成長してくれるとうれしいです。

<目次>
1.はじめに
2.ママがイライラを手放すとこんな未来が待っています
3.イライラを手放して優しく叱る!1日1分”ロジトレ
4.おわりに



ダウンロード方法

https://www.agentmail.jp/lp/r/2502/15787/
こちらよりメールアドレス、お名前をご登録し、お受け取りください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/54387/88/resize/d54387-88-994918e518f1460d3a87-1.png ]

【著者プロフィール】
発達科学コミュニケーショントレーナー 森あや
ルールが守れない問題児に「思考力」を与えることで、問題行動を解消するだけでなく、人生100年時代を生き抜く力を授ける専門家です。問題児と言われる子どもの可能性は無限大!子育てで悩んだ経験を生かし、親子で幸せになれる方法をお伝えします。


■発達科学コミュニケーションとは?
発達科学ラボ主催の吉野加容子が、臨床発達心理⼠として15年間行ってきた発達支援の実績と経験、および脳科学・心理学・教育学の知識をベースに独自にまとめた、科学的根拠に基づいた、脳の成長・発達を促すコミュニケーション法です。子どもの特性を理解し、子どもの良さを引き出す日常のコミュニケーション術です。発達科学コミュニケーションをマスターすれば、お子さんと会話するだけで、お子さんの困った行動が減り、意欲や能力が伸びます。

吉野加容子について詳細はこちら https://desc-lab.com/profile/?prt



[画像3: https://prtimes.jp/i/54387/88/resize/d54387-88-ee77a6ad691f99e089a1-2.jpg ]

【会社概要】
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/
「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人々、関連機関・団体が一体となって取り組む国民運動、「健やか親子21」応援メンバー

記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などもお気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング