ソニーの映像技術を体験し、環境問題がテーマのアニメーションをつくろう! 『アニメーション・ワークショップ』 11月17日(日)開催

PR TIMES / 2013年10月22日 15時40分



ソニーの映像技術を体験し、環境問題がテーマのアニメーションをつくろう!
『アニメーション・ワークショップ』
11月17日(日)開催
-------------------------------------------------------------------------------
 ソニーの体験型サイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F)では11月17日(日)、小学1~6年生を対象に、『アニメーション・ワークショップ ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~』 を開催いたします。

 「リサイクル・資源」をテーマに、チームに分かれてクレイアニメーション※を制作する体験を通して、環境問題の現状と対策を知り、ソニー製品に応用されている最新の映像技術を体験できるワークショップとなっています。

 講師には、東京造形大学・デザイン学科の山際康之教授をお招きし、同大学の学生スタッフの協力により実施いたします。

※ 粘土(クレイ)で作った人形などを少しずつ動かし、それをコマ撮りして制作するアニメーション。


~ 記 ~
< 『アニメーション・ワークショップ ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~』 実施概要>
【期間】
2013年11月17日(日)  13:00~17:00
【目的】
環境問題(リサイクル・資源)をテーマにストーリーを構成し、オリジナルのクレイアニメーションを制作します。
環境問題の現状と対策を知ると同時に、映像制作のしくみを学びます。また、ソニー製品(テレビ)に応用されている最新映像技術を体験することもできます。参加者はグループに分かれて作品を制作し、チームワークの大切さも学ぶことができます。
【内容】
1.「リサイクル・資源」とは?:山際教授より環境問題に関する講義を行います。
2.映像のしくみ:アニメーション(動画)は静止画の連続です。きれいな画像を実現するためのソニーの最新映像技術を体験します。
3.クレイアニメーション制作:与えられたテーマをもとにグループで協力してクレイアニメーションを作ります。
4.クレイアニメーション発表:パソコンに取り込んで、編集した映像をグループ毎に発表します。
【会場】
ソニー・エクスプローラサイエンス内「サイエンスシアター」
※ワークショップ開催のため、サイエンスシアターで毎週末開催のサイエンスショー「サイエンスバトラー」ならびに「サバイバル○×クイズ」3D映像の上映は終日休止とさせていただきます。
【参加者】
小学1~6年生の児童 30名(16:00-17:00の発表会は、保護者の方も見学可能です)
【参加費用】
無料(別途入場料大人500円、小人300円が必要)
【募集要項】
ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページ(http://www.sonyexplorascience.jp/)から申込
応募締切り:2013年11月7日(木)
※応募者多数の場合は抽選となり、当選者には11月11日(月)着で参加証を郵送します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング