【歩きスマホ経験率は45.1%】「歩きスマホ」に関するアンケート結果を発表

PR TIMES / 2014年12月19日 10時38分

ネットリサーチDIMSDRIVE

●88.8%が「歩きスマホ」目撃経験あり。自身の歩きスマホ経験率は45.1%
●歩きスマホは、「自分もやめたいし、他の人もやめてほしい」

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、
「歩きスマホ」についてアンケートを行い、歩きスマホをしてしまった経験、目撃経験、危なかった経験等についてまとめました。
調査は2014年10月7日~10月17日に実施。
DIMSDRIVEモニター6,017名から回答を得ています。
(うち、スマートフォン使用者は2,534名)

<結果詳細> http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2014/141219



---------------------------------------------------------
■■88.8%が「歩きスマホ」目撃経験あり。自身の歩きスマホ経験率は45.1%■■

■「歩きスマホ」目撃経験率
回答者全員に”他人の歩きスマホを見た経験”を尋ねたところ、
「よく見る」52.1%、「たまに見る」36.7%と、『目撃経験者』は88.8%と9割近くに上った。

■迷惑・・・「前の人の歩くスピードが遅くてイライラ」
目撃経験者に、歩きスマホをしている人から受けた”危険・迷惑行為”について尋ねた。
最も多かったのは「前の歩きスマホの人が歩くのが遅くてイライラした」40.4%で、
危険ではないが不快に感じたという人が多いようである。
次いで「人がぶつかってきた」30.0%、「前の歩きスマホの人が突然止まって驚いた」27.7%、
「自転車がぶつかってきた」10.3%といった危険な行為が続いた。
歩きスマホによる危険・迷惑な行為を受けた経験がある人は59.7%と6割近くで、多くの人が迷惑に感じている事が分かる。

■「歩きスマホ」自身の経験率
※歩きスマホ・・・歩きながら、同時にスマートフォンを操作すること
一方、“自分自身”の歩きスマホ経験を尋ねたところ、
「よくする」7.1%、「する」38.0%と、スマートフォン保有者の半数近く、45.1%が『歩きスマホの経験がある』と回答した。
年代が若いほど歩きスマホ経験率は高く、【20代以下】では61.0%に上る。
また、【1日に6時間以上】スマートフォンを使用する人では71.0%に上っており、
スマートフォン使用時間が長い人ほど歩きスマホをしてしまう事がうかがえる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング