閉店しやすい飲食店の特徴が明らかに!?シンクロ・フードが過去に閉店した飲食店の特徴を発表!

PR TIMES / 2014年5月28日 15時13分

飲食店のライフサイクルをサポートする株式会社シンクロ・フード(http://www.synchro-food.co.jp/)では、過去に閉店した飲食店の傾向を調査しました。
「閉店しやすい飲食店は、”規模感は小規模(20坪未満)で、立地タイプは住居立地で、営業年数は2年以内のお店” 」という傾向があることが分かりました。



株式会社シンクロ・フードでは、「飲食店.COM」を通じて飲食店の出店や運営の支援をおこなっています。
また、飲食店のライフサイクルをサポートするという目的のもと、飲食店の閉店や移転がトラブルなく行えるようにサポートをしています。
しかし、これらの事業を運営する中で、戦略的ではない閉店が非常に多く存在し、またそれらが増加してきていることを感じていました。
閉店するには様々な要因がありますが、閉店する飲食店の傾向や特徴を把握し、それらに応じた対策を開業前から施しておくことで、閉店に繋がるマイナス要素を少しでも減らすことができるのでは?と考えています。

今回は、上記の様な背景から閉店する飲食店の傾向を分析しました。
「営業年数別」「広さ別」「立地タイプ別」、この3つの軸から調査をおこないました。調査の詳細は以下の通りです。


■営業年数別の閉店割合
 1年未満:2243件(34.5%)
 1~2年:987件(15.2%)
 3~5年:1364件(21.0%)
 6~10年:1113件(17.1%)
 11~15年:380件(5.9%)
 16年以上:407件(6.3%)
 ※2008年~2013年に居抜き情報.COMによせられた問合せの中から、店舗の営業年数別に割合を取得。
 ※N=6494

営業年数別に見ると、1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しています。

また、2008年から2013年の間でそれぞれの営業年数の割合の変化を見ると、6年以上運営してきた店舗の割合が増加しています。
6年以上運営している店舗の割合が2008年では21.8%だったのが、32.1%と、10.3ポイントも増加しています。


■店舗の広さ(坪)別の閉店割合
 10坪未満:1130件(17.4%)
 10~20坪:2938件(45.3%)
 20~30坪:1285件(19.8%)
 30~40坪:524件(8.1%)
 40~50坪:234件(3.6%)
 50坪~:375件(5.8%)
 ※2008年~2013年に居抜き情報.COMによせられた問合せの中から、店舗の広さ(坪)別に割合を取得。
 ※N=6494

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング