京都府庁旧本館「観桜祭」/京都府立植物園「桜ライトアップ」を開催

PR TIMES / 2014年3月27日 19時0分

満開の桜に彩られる京都の桜の穴場スポット<平成26年3月29日(土)~4月7日(月)/3月29日(土)~4月13日(日)>

京都府と府庁旧本館利活用応援ネットは、平成26年3月29日(土)~4月7日(月)に「観桜祭」を京都府庁旧本館において開催します。




毎年桜の時期に合わせて開催されている「観桜祭」。今年は「ハル ハナ 美術館」をテーマに、「春」と「花」をイメージした多彩な展示、お茶席、日本舞踊、音楽ライブのほか、福島県の観光情報の紹介や東北応援商品の販売を行う「福島県復興・観光展」や、和菓子・絵画・写真のワークショップなど、イベントも多数開催されます。さらに、国の重要文化財に指定されている京都府庁旧本館の中庭で咲き誇る6本の桜は、ルネサンス様式の建物に融合し、素晴らしい景観を楽しませてくれます。

また、今年設立90周年を迎える京都府立植物園では、3月29日(土)~4月13日(日)まで「桜ライトアップ」を実施し、園内桜林内の約200本のシダレザクラやソメイヨシノなどがライトアップされ、夜桜の幻想的な美しさを存分に味わうことができます。満開の桜に彩られる春の京都へ、ぜひお越しください。

*府庁旧本館利活用応援ネットとは:府庁旧本館が「府民に開かれた府庁のシンボル」となっていくことを目指し、利活用や整備修復についてアイデアを出し合い、課題の解決や新たな協働につなげていくためのプラットフォームです。


●観桜祭について●
※詳細は、WEB(http://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/kanousai2014.html)をご参照下さい。

【名称】
京都府庁旧本館「観桜祭」 ~「ハル ハナ 美術館」~

【実施日時】
平成26年3月29日(土)~4月7日(月) 10時~17時

【会場】
京都府庁旧本館(〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入)

【主な内容】
今年のテーマは、「ハルハナ 美術館」。桜満開の旧本館で「春」と「花」をイメージした多彩な展示のほか、お茶席、日本舞踊、音楽ライブなどが開催されます。

注目イベント

◎福島復興・観光展:東北応援商品の販売、復興の歩みパネル展、福島県観光情報の紹介。
3月29日(土)・30日(日)は障がいのある方が働く施設「ほっとはあと」の喫茶で東北応援商品の販売もあります。

◎無形文化遺産 和食の文化:昨年12月に無形文化遺産登録された和食の魅力をパネル展示で分かりやすく紹介。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング