パイオニアのサウンドシステムをイビサ島の新クラブに全面導入

PR TIMES / 2013年8月22日 16時54分

~クラブ文化の聖地、スペイン・イビサ島に今夏オープン~

 パイオニアは、スピーカーメーカーとして培ってきた音作りのノウハウと、DJ/クラブ市場における経験を活かし、業務用音響機器事業への参入を2013年7月に発表しました。
 このたび当社は、クラブ文化の聖地であるスペイン・イビサ島にオープン(現地時間:2013年7月15日)したクラブ“BOOOM! IBIZA”のサウンドデザインを全面的に手がけ、当社のクラブ用サウンドシステムが初めて導入されました。

■ “BOOOM! IBIZA” ホームページ: http://www.booomibiza.com/




 “BOOOM! IBIZA”は、シプリアーニグループの代表者ジュゼッペ・シプリアーニ氏が、著名クラブでのマネージャー経歴を持つダニー・ウィットル氏、マーク・ネットー氏とともに立ち上げたクラブです。1,000人を収容できる、快適さを追求したダンスフロアでの上質なサービスに加え、観客を魅了する上質なサウンドに重点を置いて設計されています。当社は、同クラブのメインダンスフロア、VIP用ダンスフロア、DJブース、バーフロア、上階のバー、VIPルーム、およびDJのVIP用エリアまで、“BOOOM! IBIZA”におけるすべてのサウンドシステムデザインを手がけました。

 「究極のサウンドを実現するためには、業界で一番のクラブサウンドシステムを選ぶことが重要であった。東京でパイオニアの音響システムのデモンストレーションを聴いた瞬間、この音だ、と確信した。クラブで実際に音を聴いてみて、圧倒される良い音に大変満足している」と、クラブのオーナーであるジュゼッペ・シプリアーニ氏は語っています。


【パイオニアの業務用音響機器事業について】
 当社は、業務用音響機器事業への参入にあたり、数多くの著名クラブへサウンドシステムをインストールした実績のあるGary Stewart Audio, LLC (アメリカ・ネバダ州ラスベガス)と、多くのサウンドデザイナーやサウンドエンジニアから支持を受けているアンプメーカーのPowersoft S.p.A.(イタリア・トスカーナ州フィレンツェ)とパートナー契約を結びました。また、Best Sound Systemを何度も受賞しているロンドンのクラブ“Ministry of Sound”のサウンドエンジニアを務めたアレックス・バーランドを当社のサウンドエンジニアとして迎え入れました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング