さだまさしさんが「想いをつなぐ」ジャパネット新企業CM展開開始

PR TIMES / 2020年10月5日 13時15分

~V・ファーレン長崎とサポーターをつなぐ、第二弾「地域とつなぐ」篇~

株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:高田旭人)は、2020年10月6日(火)より企業CMシリーズ「想いをつなぐ」の第二弾となる「地域とつなぐ」篇を展開いたします。本シリーズでは、商品やサービスとともにある人々の「想い」に寄り添い、気持ちや真心という目に見えないものもつなぐ架け橋でありたいと考えるジャパネットの企業姿勢を表現しています。今回は弊社のCMキャラクターを務めるシンガー・ソングライターのさだまさしさんにご出演いただきました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16651/90/resize/d16651-90-711796-0.jpg ]



CMストーリーと見どころ

弊社は2019年より、通信販売事業に並ぶ2つ目の柱として、スポーツ・地域創生事業を掲げました。プロサッカークラブV・ファーレン長崎の運営、そしてスタジアムを中心としたまちづくりを行う「長崎スタジアムシティプロジェクト」を通じて、地域一体となってその場所ならではの魅力・価値を磨き上げ、たくさんのワクワクを生み出していきたいと考えています。今回のCMでは、「ナガサキから、世界へ」という想いを抱き闘う、V・ファーレン長崎の手倉森監督の「想い」と、チームを応援することで地元長崎を盛り上げていきたいサポーターの「想い」を、弊社のCMキャラクターで長崎県出身のさださんにつないでいただきました。
V・ファーレン長崎のサポーター4組と手倉森監督がオンラインで想いを交わし、声援を送るシーンは台本を用いずに撮影。サポーターからのまっすぐな想いを受け取った監督からは思わず笑みがこぼれます。CMでは、さださんが長崎スタジアムシティの新ホームスタジアム建設予定地へ。未来のスタジアムを思い浮かべるさださんの耳に、聞こえてくるものとは…?

<特設サイト>
特設サイトでは、90秒CMやメイキング映像、グラフィック広告をまとめた「想いをつなぐCMギャラリー」やCMのコンセプトをまとめた「つなげたい想い」ページを公開しています。
https://corporate.japanet.co.jp/brand/

<エピソード募集キャンペーン>
通信販売事業やスポーツ・地域創生事業で展開するジャパネットのすべての事業とサービスを対象に、「ジャパネットがつないだ想い」をテーマに、皆様のエピソードや写真を募集いたします。
エピソードをご応募いただいた方の中から50名様に、第一弾のCMでもご紹介している仙台牛をプレゼント!詳細は特設サイトにて公開中。
キャンペーン期間:2020年10月5日(月)~12月31日(木)
https://corporate.japanet.co.jp/brand/campaign/

<広告展開>
2020年10月6日(火)よりテレビCMを全国放映
[画像2: https://prtimes.jp/i/16651/90/resize/d16651-90-278429-1.gif ]



長崎スタジアムシティプロジェクト

プロサッカークラブV・ファーレン長崎の新ホームスタジアムを核に、アリーナ・オフィス・商業施設・ホテルなどを含むまちづくりを進めていくプロジェクトです。本プロジェクトは、株式会社ジャパネットホールディングスのグループ会社で地域創生事業を担う株式会社リージョナルクリエーション長崎が主体となり、プロジェクトの戦略・企画から現場の運用までを行います。「最高のスポーツ・エンターテインメント環境を通して人とのつながり、感動を生みだすこと」と「雇用や地域経済の活性化に繋がるようビジネスとして成り立たせること」が両立した地域創生モデルを目指しています。

【リリース】ジャパネットグループ新会社設立と長崎スタジアムシティプロジェクト進捗のご報告
https://corporate.japanet.co.jp/pdf/190611.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング