マイホームの買い時感は若干、回復傾向に しかし、「夢はマイホーム」の時代は終焉!?~住宅購入に関するアンケート調査結果2012~

PR TIMES / 2012年6月19日 11時21分

~住宅購入に関するアンケート調査結果2012~
マイホームの買い時感は若干、回復傾向に
しかし、「夢はマイホーム」の時代は終焉!?


住宅・不動産のコンサルティング事業を行うハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都港区 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、「住宅購入に関するアンケート調査2012」を18歳以上の男女1,836名を対象に実施しました。消費増税の可能性など、さまざまな外部要因の影響を受けつつ、マイホーム購入に対する消費者の消極的な姿勢が見られる結果となりました。
* 2011年6月・2010年5月に今回と一部同じ項目について調査を実施した結果はこちら。
URL:(2011年6月)http://view.hyas.co.jp/report/report1106.html、(2010年5月)http://view.hyas.co.jp/report/report100524.html


1)住宅の“一般的な”買い時感は、昨年より6.8pt上昇
2)「“一般的に”買い時だと思う」理由トップ3、「住宅ローンの金利低下」、「消費増税の可能性」、「物件価格の低下」
3)「“一般的に”買い時だと思わない」理由トップ3、「世の中の漠然とした不安感」、「消費増税の可能性」、「住宅会社、不動産会社の経営状態への不安」
4)「マイホーム、“自分にとっては”買い時だと思わない」約7割!
5)「将来的にはマイホームを購入したい」が、昨年より約2割減少!
6)住宅性能において重視する項目トップ2は「耐震・免震」、「防火・耐火」
7)節電対策で実際に行なうこと、トップ2は「照明」「エアコン」


1) 住宅の“一般的な”買い時感は、昨年より6.8pt上昇

“一般的に”住宅(マイホーム)の買い時だと思うか、という質問では、「買い時だと思う」との回答は2011年の39.0%から45.8%と6.8pt上昇しており、回復しつつある様子が伺えます。
しかしながら、2)の結果に示されているように、将来的にはマイホームを購入したいと考えている人は減少傾向にあり、住宅ローンの金利が過去最低になるなど、環境が整いながらも、マイホーム購入までは手を回せないと考えている人が多いようです。


2)「“一般的に”買い時だと思う」理由トップ3、「住宅ローンの金利低下」、「消費増税の可能性」、「物件価格の低下」

今が“一般的に”マイホームの買い時だと思う理由では、「住宅ローンの金利が下がってきているから」が53.9%でトップでした。次いで、「今後、消費税増税となる可能性があるから」(48.5%)、「物件価格(不動産価格)が下がってきているように思うから」(47.5%)という結果となりました。「住宅ローンの金利低下」の回答は昨年(53.8%)とほぼ変わらない割合ですが、今年は消費増税の審議の行方が話題となる中、ポイントを伸ばしており、増税前に駆け込む今が買い時と考える人が増加したようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング