20代女子に人気の韓国ブランドECモールMORUGIが、株式会社パスチャーが提供するInstagram分析ツール「MASAI(マサイ)」を導入

PR TIMES / 2020年10月27日 15時15分

国内5,000社が利用したInstagram分析ツールの最新版「MASAI(マサイ)」を提供する株式会社パスチャー(本社:東京都港区、代表取締役:甲斐 優理子、以下当社)は、TSIホールディングスグループの株式会社TSI ECストラテジー(本社:東京都港区、代表取締役社長:三宅孝彦/以下、TSI ECストラテジー)が展開する韓国ファッションブランドショッピングモール「MORUGI」に当社のMASAIを導入いただきましたことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/26329/91/resize/d26329-91-187247-3.png ]

MASAI: https://mas.ai/


MORUGI様 導入の経緯

MORUGIのInstagramアカウント「@morugi_official」は運用開始から1年で2万フォロワーを達成し、自然流入に継ぐサイトの流入経路として、集客の役割を担っています。
ブランドのファン化や、サイトへの集客経路拡大を目指す中で、MASAIであれば自社のKPIに合わせた定量的な数値の分析やInstagramのアプリ上では確認できない期間指定したデータの分析が可能です。またUGC投稿を分析・管理できるハッシュタグリサーチ機能を活用してファンとのコミュニケーションを可視化できる点から、運用においてより効果を見出せると評価いただき、この度の導入に至りました。

▼MORUGI様 Instagram活用インタビュー記事
https://mas.ai/interview/0


MORUGIについて

「MORUGI」は、10代後半~20代前半の女性をターゲットに韓国の人気ブランドを販売するECモールです。「5252 by oioi」や「mahagrid」などの人気ブランドをはじめ、最新トレンドを反映した韓国ストリートやカジュアルブランドの商品を取り扱っています。

公式サイト: https://www.morugi.com/
公式Instagram: https://www.instagram.com/morugi_official/


MASAIについて


[画像2: https://prtimes.jp/i/26329/91/resize/d26329-91-277753-0.png ]

MASAIについてファンとのコミュニケーションを可視化し、SNSアカウントの運用をサポートするSNS分析ツールです。 ファンの属性や行動を可視化し、効果的な運用を目指すことができます。
ベンチマークアカウントやUGCの分析環境も整っており、次に繋がる施策立案をサポートします。
Instagramのアプリ上でしか確認できなかったインサイト情報が、PC上でデータ管理・分析が可能です。

SNS分析ツール「MASAI」
https://mas.ai/

媒体資料のダウンロードはこちら
https://mas.ai/material

< MASAIの無料トライアル実施中>

現在、トライアル版のご利用が可能です。
月額1万円で提供しているスタータープラン同様の分析項目にて2週間無料でお試しいただけます。

▼無料トライアルのお申し込みはこちら
https://mas.ai/trial


[画像3: https://prtimes.jp/i/26329/91/resize/d26329-91-425033-4.jpg ]




【株式会社パスチャー会社概要】

株式会社パスチャー
本社:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目-4-2 虎ノ門東洋ビル6F
代表者:代表取締役 甲斐 優理子
設立:2016年6月7日
URL: https://corp.pasture.biz/
事業内容:
SNSマーケティングならびに画像解析データを基にしたマーケティング支援事業
・ファンとのコミュニケーションを可視化し、次の一手をリードするSNS分析ツール「MASAI( https://mas.ai/)」の運営
・国内最大級の インスタグラマーキャスティングツール「ROOSTER( https://myrooster.net/client/)」の運営
・流行先取りメディア「Petrel( https://www.instagram.com/petrel_jp/)」の運営
電話番号:03-6426-5229
メールアドレス: info@pasture.biz

※Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram, LLCの商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング