オンライン上の「雰囲気」から失業率の増加を予測

PR TIMES / 2012年3月29日 16時28分

オンライン上の「雰囲気」から失業率の増加を予測
~SASと国連、ソーシャルメディアの分析により失業率急増の兆候や影響を発見~


*2012年3月12日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。


米国ノースカロライナ州キャリー発
SASと国連グローバルパルスの共同調査により、ソーシャルメディア上のユーザーの会話に見られる感情から、失業増加の兆候が発見できる可能性が高く、政策当局が失業者の急増を事前に把握するための手がかりとなり得ることが分かりました。SASのソーシャルメディア分析ソリューション「SAS(R) Social Media Analytics」およびテキストマイニング・ソリューション「SAS(R) Text Miner」により、米国とアイルランドにおける約50万のブログや掲示板、ニュースサイトから抽出した2年分のソーシャルメディアデータを分析し、人々の日々の葛藤と失業率との関連を検証しました。

SASは、スコア化したソーシャルメディア上の「雰囲気」と会話量を、公式な雇用統計と比較し、失業に関連する話題の増加が失業率上昇の指標となっているかどうかの分析を行いました。その結果、食料品の買い控え、公共交通機関の利用増加、グレードの低い自動車への買い替えなどに関する会話の増加が、失業率急増の前兆であることがわかりました。

失業率が急増した後は、旅行のキャンセル、医療費の節約、差し押さえや立ち退きといった話題がソーシャルメディア上で多く見られるようになります。失業率の増加による悪影響を緩和したい政策当局にとっては、こうしたタイムラグを伴う経済現象についての情報も貴重な手がかりとなります。

国連グローバルパルスでは、こうした新しいタイプのデータを用いることで、各種の危機が世界の人々に及ぼす影響に関する公式統計を、どのように補完・補強できるかついて研究を行っています。SASと国連グローバルパルスによる調査は、ソーシャルメディアというこれまでにない強力なデータソースを活用し、それらを分析することによって、政策当局はリアルタイムのフィードバックを得ることが可能となり、危機への対応力を高めることができることを示唆しています。

国連の潘基文事務総長は、2011年11月の国連総会において、「民間企業はこのような新しいタイプのデータを分析することで、リアルタイムに顧客を理解しようとしています。これらのデータには、成長の手がかりとなるシグナルが数多く含まれているのです。我々はこうした手法を駆使して、起きている出来事を起きている最中に知る必要があります」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング