ブラウザで動作するゲームアプリを手軽に開発! HTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」勉強会vol.2開催

PR TIMES / 2012年2月24日 14時8分



エンジニアの成長を応援するFacebookページ「エンジニアカフェ」(http://www.facebook.com/pasonatech)を運営する株式会社パソナテック(http://www.pasonatech.co.jp)は、)と、HTML5 + JavaScript ベースのゲームエンジン「enchant.jp」の開発元である株式会社ユビキタスエンターテイメント(http://www.uei.co.jp/ )は、「HTML5ゲームエンジン『enchant.js』 勉強会Vol.2」を開催します。

「enchant.js」とは、Windows、Mac、iPhone、iPad、Android すべてで動作するゲームアプリを開発できる、 日本で開発されたHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジンです。

勉強会前半では、この1月にβ版が公開された、「enchant.js」の拡張プラグイン「gl.enchant.js」について解説します。「gl.enchant.js」を用いることで、一般的に敷居が高いと言われるWebGLを使った3D描画を数行で実装することができます。

勉強会後半では、シューティングゲーム「グランダリウス(http://9leap.net/games/1092/)」の、HTML5/enchant.jsバージョンの開発事例をご紹介します。もともとiPhoneアプリとして開発された「グランダリウス」。これをenchant.js版に移植したところ、メインルーチンのソースコードが、Objective-C版が約4万行なのに対し、HTML5/enchant.js版はわずか739行。その驚くべき生産性と、開発方法について解説します。

ゲームを開発している方、「enchant.js」を使っている方はもちろん、これから「HTML5+JavaScriptを使って動くゲームを作ってみたい」と考えているデベロッパの皆様、是非この機会にご参加ください。

※エンジニアカフェについて
Facebook上でのコミュニケーションや、エンジニアを対象としたイベントを通して「人と人がつながる」機会をサポートし、エンジニアの成長を応援するFacebookコミュニティ。
http://www.facebook.com/pasonatech

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  HTML5ゲームエンジン『enchant.js』勉強会Vol.2
~WebGLで3Dウェブゲームを簡単に作成!そのポイントは?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング