ITCうつぼテニスセンターはおかげさまで23周年。元全日本ダブルス女王 久見 香奈恵プロとAKB48 佐藤 朱さんによる豪華共演テニスクリニックイベントは盛況のうちに終了!

PR TIMES / 2018年8月4日 12時1分

西日本のテニスの聖地 うつぼテニスセンター開設23年目のスペシャルテニスイベント

 今年で開設23周年を迎えた西日本のテニスの聖地「ITC靱テニスセンター」(ITCうつぼテニスセンター・大阪市西区靱本町 靱公園内)。靱テニス・マネージメントチームは、日ごろの感謝の気持ちを込めて、プロ選手をお招きしてのテニスクリニックを7月29日(日)に開催し、イベントは盛況のうちに終了しました。全日本選手権ダブルスチャンピオンの久見 香奈恵(ひさみ かなえ)プロによる分かりやすい指導、さらにスペシャルゲストとして、AKB48 チーム8から宮城県代表・佐藤 朱(さとう あかり)さんを迎え、会場のセンターコートは、終始華やかな雰囲気につつまれ、思い出に残るイベントとなりました。
株式会社ITC(本社:兵庫県神戸市長田区、代表取締役:諏澤誠治)は、靱テニス・マネージメントチームの一員です。



■ 西日本のテニスの聖地 ITCうつぼテニスセンター23周年記念テニスイベントは大盛況のうちに終了。元全日本選手権ダブルス女王と、テニス本格実力派アイドルの共演が会場を魅了!!

[画像1: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-616586-0.jpg ]


 公益社団法人 日本テニス事業協会と株式会社ITCの共同事業体である「靱テニス・マネージメントチーム」 は、ITC靱(うつぼ)テニスセンター23周年を記念し、日頃の感謝の気持ちと、テニスの輪がさらに大きく広がっていくよう願いを込めて、プロ選手をお招きしての、無料テニスクリニックイベントを開催いたしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-102438-1.jpg ]

 7月29日(日)、事前の悪天の予報にもかかわらず、当日は持ちこたえ、予定の通りイベントはスタート。中学生以上一般の部と、小学生以下のキッズジュニアの部、全4回構成はいずれも定員いっぱい。

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=b_6UTRm2Ofk ]



 今回ご指導をお願いする京都府宇治市出身の久見 香奈恵プロは、自身もジュニア時代にここうつぼのコートで活躍。プロへの階段を駆け上り、全日本選手権のダブルスチャンピオンの座につかれた名プレーヤー。さらに特別ゲストとして、AKB48 から、チーム8 宮城県出身の 佐藤 朱さんが登場。スレンダーな見た目からは想像もつかないほどの攻撃的ストロークは、久見プロも認める本格実力派の、現役アイドル ・テニスプレーヤー。会場となったセンターコート客席には、たくさんの観客も集まり、華やかなイベントとなりました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-779289-2.jpg ]



久見 香奈恵(ひさみ かなえ)プロ
生年月日:1987年1月28日
主な戦績:大阪市長杯ワールドスーパージュニアテニス選手権大会 シングルス ベスト32
2015年 全日本テニス選手権大会 ダブルス 優勝



[画像4: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-451352-3.jpg ]



AKB48 チーム8 佐藤 朱(さとう あかり)さん
生年月日:1996年11月9日
主な戦績:2013年 インターハイ出場。宮城県夏季ジュニア大会U18ではダブルス優勝、宮城県高体連テニス専門部でのポイントランキング ダブルス1位の実績を持つ。テニス雑誌『スマッシュ』誌上でも活躍。



[画像5: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-453140-6.jpg ]


 センターコート1面利用、1時間のレッスンとなりましたが、久見プロによる非常に効率の良い進行で、ストロークとサーブを中心にチェック。ショットにおける、プロが実践する力の抜き方と加え方を、分かりやすく目の前で実演。強烈なドライブに参加者の皆さんもおどろきの声も。
[画像6: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-264382-4.jpg ]


 お楽しみ プロとのダブルスチャレンジマッチや、プレゼントくじで盛り上がった後は、カメラを久見プロにお預けし、得意の自撮りでみんなで記念写真。全4部 80名参加のイベントプログラムは、大好評のうちに終了しました。

 この日ひときわ会場を魅了したAKB 佐藤 朱さん。最後に久見プロとのエキジビジョン・シングルマッチが実現。キッズジュニアたちも、ボールパーソン、ベンチコーチをかって出てくれ、客席の応援を背に、白熱の試合が繰り広げられました。

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=--UvxugABfs ]



久見 香奈恵プロ、 佐藤 朱さんどうもありがとうございました。

【ITCテニススクール公式インスタグラム】
https://www.instagram.com/tennis.itc/
当日の様子は、久見プロのブログやインスタグラムでも紹介されています。ぜひご覧ください。

[画像7: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-311851-8.jpg ]



■株式会社ITCは、靱テニス・マネージメントチームの一員です。

 ITC靱テニスセンター(ITCうつぼテニスセンター 大阪市西区靱本町)は、花と緑溢れる都会のオアシス、総面積約9.7haの靱公園内西側エリアに設けられた、16面を有する国内有数のテニス施設です。毎年、国内ジュニアテニスの最高峰・夏の「全日本ジュニアテニス選手権大会」、ジュニアテニス世界4大大会と同格に位置づけられる、秋の「大阪市長杯世界スーパージュニアテニス選手権大会」が開催。施設はバリアフリーにも対応し、車いすテニスの大会も開かれ、西日本のテニスの聖地として全国に知られています。一般の予約利用も可能で、年間を通じてたくさんの人々に親しまれています。今年の9月には、昨年に続きテニス日本代表チームによる、国別対抗戦 デビスカップの戦いの舞台となることも決まり、従来のテニスファンの枠を超え、ますます多くの人の注目を集めています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-264470-5.jpg ]

 関西を中心に全22施設のテニススクールを運営する株式会社ITCは、靱テニス・マネージメントチームの一員として、ITC靱テニスセンターの管理・運営を担っています。今後も市民の皆様をはじめ、内外から訪れるたくさんの方々に、ITC靱テニスセンターを気持ちよくご利用していただけるようサービスの向上をはかり、テニスの普及および日本テニスの発展への貢献を目指し、努力を続けてまいります。

[画像9: https://prtimes.jp/i/21838/93/resize/d21838-93-387145-7.jpg ]



■ イベント概要

□ タイトル : 「ITC靱(うつぼ)テニスセンター23周年記念イベント!元全日本女王 久見 香奈恵プロとAKB48 佐藤 朱さんによる共演が、再びうつぼのセンターコートで実現! 7/29(日)【参加無料・見学大歓迎】」
□ 主 催 : 靱テニス・マネージメントチーム
□ 主 管 : 株式会社 ITC
□ 協 賛 : ダイドードリンコ株式会社/ ヨネックス株式会社 ※50音順
□ ゲスト : 久見 香奈恵プロ/ AKB48 チーム8 佐藤 朱 さん
□ 開催日時 : 平成30年7月29日(日) イベントは好評のうちに終了しました
        1.一般(中学生以上) 10:30~11:20
        2.ジュニア(小学生) 11:30~12:20
        3.一般(中学生以上) 13:30~14:20
        4.ジュニア(小学生) 14:30~15:20

□ 開催場所 : ITC靱テニスセンター センターコート(大阪市西区靱本町靱公園内西側)
        http://www.utsubo-tennis.com
□ 参加費用 : 無料(中学生以上一般の部・小学生の部/ 要事前予約) 客席からの観覧大歓迎
□ 申し込み・お問合せ : 06-6441-6211(ITC靱テニスセンター)


==================================
■ 株式会社ITC
" Heartful Tennis Communication "
テニスであたたかいふれあいを!
http://www.i-tennis.co.jp/
https://www.facebook.com/tennis.ITC/
https://www.instagram.com/tennis.itc/
https://goo.gl/yyoDFs

〒653-0038
兵庫県神戸市長田区若松町2-1-3
営業時間 09:00~18:00
定休日 毎週 土・日曜日
TEL 078-642-3092
FAX 078-642-1874
==================================

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング