スピリーバ(R)発売10周年 ― COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療に大きく貢献

PR TIMES / 2012年9月5日 9時29分

2012年9月3日 ドイツ/インゲルハイム 米国/ニューヨーク

世界初の1日1回投与の長時間作用型抗コリン性気管支拡張剤スピリーバ(R)(チオトロピウム)は、海外でCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の維持療法を適応に発売してから本年で10年を迎えました。スピリーバ(R)発売10周年を記念して、欧州呼吸器学会議(ERS 2012)の開催都市(オーストリア/ウィーン)で本日、記者セミナーを開催しました。なお、日本ではスピリーバ(R)吸入用カプセルが2004年に発売され、本年12月に8周年を迎えます。

スピリーバ(R)は、2,500万患者・年以上の使用実績*を有しており、COPD治療薬として、世界で最も多くの処方実績を誇ります1,2。ベーリンガーインゲルハイムは、様々な背景を有するCOPD患者を対象に、最長4年を含む175件以上の臨床試験を実施してきました3。COPD患者の息切れ・健康関連QOLの改善や、増悪リスクへの影響に関する4,5,6,7、スピリーバ(R)の有用性を支持する豊富な臨床データにより、今日における比類なき地位を確立させました。

テキサス大学サンアントニオ校 健康科学センター(米国、テキサス州)呼吸器内科/救命医療科のアントニオ・アンツェト(Antonio Anzueto)教授は、次のように述べました。「注目すべき重要な点は、10年前に最初のCOPD患者に投与されてから、日々幾千の患者に処方される現在に至るまで、スピリーバ(R)はCOPDの治療管理とその科学的理解に、長きにわたり多大な貢献をしてきたことです。数々の大規模臨床試験に基づく豊富なエビデンスが、この事実を裏付けています。特にCOPD患者を対象とした最大規模の臨床試験であるUPLIFT(R)**とPOET-COPD(R)***試験の結果は、スピリーバ(R)による増悪リスクの有意な低下ならびに呼吸機能、息切れ、健康関連QOLの改善を示しており、その有用性が認められています」。

* ハンディヘラー(R)あるいはレスピマット(R) ソフトミスト吸入器を用いたスピリーバ(R)(チオトロピウム)投与の使用実績
** UPLIFT(R)試験において、ハンディヘラー(R)を用いたチオトロピウム1日1回18μg吸入投与群の呼吸機能の経年的な低下率(主要評価項目)に変化は認められませんでしたが、プラセボ群と比較し、呼吸機能を継続して改善することが示されました。
*** ハンディヘラー(R)を用いたチオトロピウム1日1回18μg吸入投与

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング