デルタ航空、羽田-シアトル線の就航を記念して、クイズキャンペーンを実施

PR TIMES / 2013年5月29日 14時42分

シアトルに関するクイズに答えてシアトル旅行を当てよう



【東京、2013年5月29日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、羽田-シアトル直行便の新規就航を記念して、マイレージプログラム「スカイマイル」の既存および新規会員を対象に、活気あふれる街・シアトルを体感できる旅などが当たるオンラインキャンペーン、「シアトルに、逢いにいこう」を実施します。

応募期間は本日から7月2日まで、デルタ航空ウェブサイト内のキャンペーンページから、1分間の制限時間内にシアトルに関するクイズ12問にお答えいただき、最短時間で正解された方にシアトルへのペア旅行をプレゼントします。なお、スカイマイルへの入会金および年会費等は一切無料です。

キャンペーン名称:  シアトルに、逢いにいこう

応募方法:
2013年7月2日までに、キャンペーンサイト(http://www.delta-new-route.com/Seattle/jp/ja)からスカイマイル会員番号を入力してログインし、制限時間内にシアトルに関する12の質問に答えて応募。

賞品: 
優勝賞品 (1 名様): シアトルの旅:羽田-シアトル往復航空券、3泊分のホテル宿泊、シアトル観光に便利なシアトルシティパス、特別ディナーをペアでプレゼント
入賞賞品1 (5名様): ワシントン州産高級ワイン2本セット
入賞賞品2 (10名様): デルタ航空 飛行機模型1/400サイズ

応募資格:
本キャンペーンへの応募は、日本に在住し、かつ、日本の住所をスカイマイルに登録されているスカイマイル会員の方に限ります。18歳未満の方は、事前に18歳以上の保護者または後見人の同意を得ることが必要です。応募期間終了時に18歳未満の方が当選した場合、賞品は当選者の保護者または後見人に授与されます。
応募にあたっては、当キャンペーンに関する規約・条件をウェブサイトでご確認ください。
http://www.delta-new-route.com/Seattle/jp/ja

デルタ航空日本支社長、森本 大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「このたびの『シアトルに、逢いにいこう』キャンペーンを通じて、6月3日に新規就航する羽田-シアトル線を広くお客様に知っていただければ幸いです。新路線の就航により、シアトルの街がさらに身近になるとともに、デルタ航空の太平洋路線がさらに充実し便利になります。」

羽田-シアトル便は6月3日より、シアトルー羽田便は6月1日より運航を開始します。羽田-シアトル路線の就航により、デルタ航空のシアトル便は羽田、成田、関空の3空港からとなり、路線網がさらに充実します。6月からはシアトル路線を含む全てのアメリカ本土・ハワイ便にて、ビジネスクラスでは完全に水平になるフルフラットベッドシートを採用。全席が通路に面しており、隣のお客様を気にせず座席への出入りが可能です。また、エコノミークラスを含む全座席に最新のオンデマンドエンターテインメントシステムを搭載し、最新映画から往年の名作、アメリカのテレビドラマやミュージックトラックなど、計1,000種類を超えるコンテンツをお楽しみいただけます。

デルタ航空について
デルタ航空は年間1億6,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。デルタ航空はフォーチュン誌の「2013年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2013 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、1位を獲得しました。デルタ航空がこの賞を受賞するのは、この3年で2度目です。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界58カ国、317都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で約8万人の従業員を擁し、700機以上の主要機材を運航しています。 また、航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーとして、大西洋路線においてエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空とともに、共同事業を展開しています。アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、パリ(シャルルドゴール)、アムステルダム、東京(成田)をハブ空港とし、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。現在、総額30億ドルを投じて空港施設やプロダクト、空港および機内での顧客サービス向上とテクノロジー導入を進めています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング