日本財団パラアリーナ再開について

PR TIMES / 2021年2月26日 9時15分

 公益財団法人日本財団が日本財団パラアリーナをパラスポーツ練習用体育館として4月1日より再開することを発表した記者会見に、公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)会長の山脇康が同席しコメントを発表いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23445/94/resize/d23445-94-354848-0.jpg ]

2021年2月25日、公益財団法人日本財団より、日本財団パラアリーナ(以下パラアリーナ)をパラスポーツ練習用体育館として4月1日より再開する旨の発表がありました。

パラアリーナは、2018年6月にパラスポーツ専用体育館としてオープン以来、パラリンピック競技の日本代表やクラブチームの日常練習場所として稼働日率ほぼ100%という状況で活用されておりました。昨年4月に日本財団からの要請を受け、パラアリーナを活用していただいたパラアスリート及びパラリンピック競技団体の皆さまの深いご理解のもと、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う軽症感染者向け病床確保のための場所として提供いたしました。

パラアリーナ閉館以降も、新型コロナウイルスの感染予防に注意しながら様々な工夫をして練習を続けておられるパラアスリートの皆さんに、東京2020パラリンピック開催まで残り半年となったこのタイミングで、4月1日よりのパラアリーナの再開をお知らせすることができ、当センターも大変嬉しく思っています。パラアリーナ再開にあたっての日本財団の多大なご尽力に深く感謝いたします。

今後とも、当センターは、東京2020組織委員会、東京都、政府をはじめ関係者の皆様とともに、安心・安全な東京大会の開催に向け、アスリートの皆さんがトレーニングに集中し、東京大会で最高のパフォーマンスを発揮できる環境の整備に全力で取り組んでまいります。

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター
会長 山脇 康

[画像2: https://prtimes.jp/i/23445/94/resize/d23445-94-946498-1.jpg ]


<参考>

2021年2月25日付 日本財団プレスリリース

日本財団パラアリーナ、再度パラアスリートの練習拠点へ
ー半年後の東京2020パラリンピックに向け、4月1日より再開ー
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210225-54028.html

日本財団パラアリーナ公式サイト

https://www.parasapo.tokyo/paraarena/


2020年4月3日付 日本財団パラリンピックサポートセンタープレスリリース

『新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急支援』に関する日本財団パラアリーナの運用について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000023445.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング