セガのビッグデータ分析基盤として「SAP(R) InfiniteInsight(R)」を導入

PR TIMES / 2014年6月11日 13時1分

~事業ドメインを越えて集約した大量データの分析・活用を強力に支援~

株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、株式会社セガ(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:岡村 秀樹、以下セガ)のデータ分析基盤に、データマイニング・ソフトウェア「SAP(R) InfiniteInsight(R)(エスエーピー・インフィニットインサイト)」が採用され、運用が開始されたことを発表します。今後、セガでは既存製品・サービスの品質向上や、新規製品・サービスの開発のための各種データの分析に、SAP InfiniteInsightを活用する予定です。




■導入の背景
 セガは、「コンシューマ・オンライン事業」・「アミューズメント事業」を核としながら、常に時代を先取りする新しい“遊び”の創造に取り組んでいる企業です。同社がこれまでに提供してきた数々の史上初の製品やサービスは、国や世代を超え、多くの人々に驚きと感動を与えてきました。世界有数のソフト資産と技術応用力をもとに、さまざまなエンタテインメントを発信する同社では、これまで製品・サービス単位で管理してきた各種データを統合的に活用するプロジェクトが進行中です。
 その一環として、事業ドメインを越えて集約・統合した大量のデータの分析基盤として、データマイニング・ソフトウェアの導入が検討され、複数の代表的なデータマイニング・システムを比較した結果、アウトプットを得るまでのスピードや操作性のわかりやすさなどから、SAP InfiniteInsightが採用されました。

■導入システムの概要と期待する導入効果
 セガでは、SAP InfiniteInsightを導入することで、2ヶ月半という短期間で、データマイニングに着手し、分析結果を現場にフィードバックすることができました。すでに、同社の製品やサービスに関するデータ分析を通じて、利用者の購買行動の特徴や行動予測などの分析結果が出ており、サービス設計やマーケティング施策を行う際の有益な情報として利用されはじめています。今後、同社ではシステムの運用状況をふまえ、分析の範囲を順次、拡大していく予定です。

■本システムの採用のポイント
 本システムが採用された理由は、以下の3点です。
1.業務部門のユーザー自らが使用できるソフトウェア
SAP InfiniteInsightの特徴である、予測モデルの構築と分析作業の自動化により、データ分析の専門家ではなく、業務部門のユーザーが日々の業務で使用できる点が評価されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング