【松江哲明監督最新作「フラッシュバックメモリーズ 3D」が東京国際映画祭コンペティション部門に出品決定!】

PR TIMES / 2012年9月20日 18時40分



松江哲明監督最新作「フラッシュバックメモリーズ 3D」が東京国際映画祭コンペティション部門に出品決定!

神様 この記憶だけは消さないで下さい

本作品は1月にスペースシャワーTVで2D版がオンエアされ大反響を呼んだ映像作品「フラッシュバックメモリーズ」の3Dバージョン(製作/宣伝:株式会社スペースシャワーネットワーク、配給:スポッテッドプロダクションズ)。この作品は当初から3D公開されることを前提に製作されており、本質的にはこの3D劇場版こそが松江監督が当初から考えていた完成形であると言えます。

この度、世界中の良質な作品をセレクトすることで定評のある第25回東京国際映画祭(以下TIFF)のコンペティション部門に本作品が出品されることが決定しました。(コンペティション部門とは、世界中の1332本の審査対象作品から15本だけが上映されるTIFFのメイン部門であり、最高賞の東京 サクラ グランプリ対象となる部門です。)

「フラッシュバックメモリーズ3D」とは・・・
2009年11月26日に首都高速で追突事故に遭遇したGOMAは、記憶の一部が消えてしまったり新しいことを覚えづらくなるという高次脳機能障害の症状が後遺し、後にMTBI(軽度外傷性脳損傷)と診断された。一時はディジュリドゥが楽器であることすらわからないほど記憶を失っていたGOMAがリハビリ期間を経て徐々に復活する過程を、GOMAと妻すみえの日記を交えて振り返りつつ、突然異なる映像が頭の中に飛び込んでくる症状「フラッシュバック」をアニメーションで表現。WWWで行なわれたGOMAのスタジオライブの模様と過去映像、そしてフラッシュバックが共存する、文字通り「全く新しい形の3D 映像作品」であり、まぎれもない「家族愛の物語」である。


●松江哲明監督からのメッセージ
ドキュメンタリーは「現在」しか記録することができない。そこが劇映画と決定的に違う点だ。GOMAは交通事故に遭ってから多くの過去を無くし、新しい記憶を維持することさえ困難となった。現に彼は本作の撮影時のことを覚えていない。今を生きる彼をドキュメンタリーの手法で撮影することは必然だったが、彼が無くした過去も「現在」として同時に表現しなければいけない、と僕は考えた。そのためには3Dをパーソナルな表現として捉え、立体感や奥行きをレイヤーとして認識する必要があった。本作がジャンルとしてのドキュメンタリーに当てはまるかは分からない。だがGOMAと出会ったことによって生まれた「映画」であることは間違いないと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング