デルタ航空、6月3日に羽田-シアトル線の運航を開始

PR TIMES / 2013年5月31日 18時0分



【東京/シアトル、2013年5月31日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、6月3日、新たに羽田-シアトル線を就航します。シアトルはアメリカ西海岸で最大の、羽田から直行便のない都市でしたが、今回の羽田-シアトル直行便の就航により、東京都心の空港とノンストップで結ばれることになりました。

デルタ航空日本支社長、森本 大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「羽田-シアトル線の就航により、デルタ航空は羽田、成田、関空の3空港からシアトル便を運航することになり、お客様の選択肢がさらに充実します。業務渡航、レジャー渡航双方のお客様にご利用いただけるよう、利便性の高さと機内サービスの充実を広く訴求していく所存です。」 

デルタ航空ネットワークプランニング担当上級副社長、ボブ・コーテルユー(Bob Cortelyou)は「シアトル-羽田線の就航は、アジアとのビジネスに新たな扉を開き、地域に貢献するでしょう。機内サービスや空港施設への積極投資と、アジア路線・欧州路線の拡大により、デルタ航空はシアトル空港における代表的な国際線運航会社へと成長を遂げています」と述べています。

デルタ航空では、シアトル空港をアジアへのゲートウェイとして強化しており、今回の羽田線に加え、成田、関空、北京線を運航しているほか、新たに上海線を6月16日に就航します。アジア以外にも、パリ、アムステルダム線を運航しており、今夏のデルタ航空シアトル空港発着便は、18都市に向けて1日あたり45便超となります。 

シアトル-羽田便は、内装を一新したボーイング767-300ER型機(ビジネスクラス36席、エコノミーコンフォート29席、エコノミークラス143席、計208席)にて運航します。同路線を含むデルタ航空運航の全アメリカ本土・ハワイ便、アジア便では6月より、ビジネスクラスに完全に水平になるフルフラットベッドシートが導入されます。全席が通路に面しており、隣のお客様を気にせず座席への出入りが可能です。また、エコノミークラスを含む全座席に最新のオンデマンドエンターテインメントシステムを搭載し、最新映画から往年の名作、アメリカのテレビドラマやミュージックトラックなど、計1,000種類を超えるコンテンツをお楽しみいただけます。

シアトル空港での国際線拡大および顧客サービスの向上は、デルタ航空とアラスカ航空の戦略提携に基づくものです。シアトル空港はアラスカ航空の国内線用ハブ空港であり、羽田-シアトル便をご利用のお客様は、シアトルにてデルタ航空とアラスカ航空が運航する便を利用し、全米55都市へのスムーズな乗り継ぎが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング