サーバー担当者が知っておきたいクラウドコンピューティングの最終課題 『SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門』発刊

PR TIMES / 2013年3月8日 10時45分

EPUB3とプリント・オン・デマンドによるNext Publishingメソッドの新刊



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型書籍出版メソッド「Next Publishing」を使い、『SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門』(著者:伊勢 幸一)を発刊いたしました。

クラウドコンピューティングの基盤システムはIaaS基盤、ストレージ、監視管理ツールの開発と実装を中心に発達してきました。さらなる拡大のために最終的に直面した課題がネットワークアーキテクチャの抜本的革新であり、その鍵となる技術がネットワークの仮想化です。そして、ネットワークの仮想化を実現するために、ネットワークをソフトウェアで制御するSDN/OpenFlowに注目が集まっています。

通信技術者ではないサーバー担当者にもネットワークがどのように動いているのかを知らなければならない場面が増えています。

そこで、本書では、ネットワーク技術者ではないエンジニアやビジネスマンのために、仮想ネットワークの必須基礎知識が網羅されています。また、聞きなれない用語の意味や背景から、個別に参照すべき規格名や標準化資料名まで解説されています。SDN/OpenFlowを検討するエンジニアや新たなサービスや製品を企画立案し事業を推進していくビジネスマンにとって参考となる一冊です。

※SDN(Software Defined Networking)とは、ネットワークの構成や機能の設定をソフトウェアによってプログラマブルに行える仕組みの総称であり、OpenFlowはSDNを実現する技術の名称です。


≪新刊の概要≫
SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門
著者:伊勢 幸一
印刷書籍版仕様:A5正寸判/本文198ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/PDF
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ
ISBN:978-4-8443- 9575-1

伊勢 幸一(いせ こういち)
株式会社データホテル 情報環境技術研究室 執行役員 CTA 室長。1986年室蘭工業大学工学部産業機械工学科を卒業し、日立設備エンジニアリングに入社。その後、デジタルテクノロジーを経て、1996年にスクウェアへ入社。ファイナルファンタジーシリーズや劇場向けフルCG映画の開発製作システム、オンラインゲームサーバシステム等の構築運用に携わる。2005年にライブドアへ入社し、技術部門の指導統括に従事。2012年、同社はデータホテルに社名変更し、現在に至る。2008年以降、InteropTokyoプログラム委員を担当。一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA)総合アドバイザー、オープンクラウド実証実験タスクフォース(OCDET)座長、OCPJ(Open Compute Project Japan)運営委員を兼任。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング