イベント・シーズンスタッフにもクラウド型勤怠が大活躍。1日からでも使えるデータインポート付き大人数プランを発表:ICタイムリコーダー

PR TIMES / 2020年9月17日 15時15分

短期アルバイトの多い季節イベントなどで一人200円で1日~3ヶ月程度。500人以上での利用を想定。利用分だけ後払いで短期イベントでの大人数スタッフも簡単勤怠管理!

クラウド型勤怠管理の「ICタイムリコーダー」では、短期間大人数スタッフの勤怠管理プランを開始しました。
「スマホde勤怠」と組わせれば設備投資なしで直ぐ利用開始。スタッフデータインポートサービスも付いています。



[画像: https://prtimes.jp/i/9292/95/resize/d9292-95-641805-0.jpg ]

コールセンター、イベント会場スタッフ、季節性の高い施設スタッフなど短期間、一時的な大人数スタッフの勤怠管理にお困りではありませんか?


 遊園地やプール、海や山などの季節性の高い娯楽施設など。1日から利用可能です。(※1)
 500人以上の季節性イベント利用について、完全後払い制でスタッフのデータインポートサービスもご用意。
スタッフの携帯を利用した「スマホDE勤怠」であれば設備投資も不要ですぐに利用開始可能です。

 クラウド型勤怠管理の「ICタイムリコーダー」では、季節性のイベントや期間限定施設など、一時的に大量のスタッフの勤怠管理が必要となる企業様向けに、完全従量制後払い方式のご利用プランを開始しました。
スタッフ個人の出退勤登録はICカード・PCブラウザ・スマホなど様々な打刻方法をご選択いただけます。
また、管理者はWeb画面上で出退勤状況確認や集計、データ出力を行うことができます。

ご利用前に必要なスタッフ登録等の作業を代行する初期設定サービスも併せて開始いたします。

本サービスは、6000人規模の季節性イベントで現在ご利用いただいております。

ご利用条件
・500名以上 一か月単位
・1人あたり 月額:200円 完全後払い ※1、※2
・初期インポート費用 10万円~
打刻端末やICカードについて別途ご相談承ります。
※1 費用の日割りはできません。1日利用でも1IDあたり200円となります。
※2 出退勤打刻する人数のみの課金となります。

【ICタイムリコーダー:製品コンセプト】

「ICタイムリコーダー」は、中小企業を中心に導入社数を増やし続ける ICカードを使用したクラウド型勤怠管理システムICタイムレコーダー

ICカードのほかブラウザやスマホ・顔認証やAmazon Alexa対応スマートスピーカーでの音声打刻でも打刻可能。低価格ながら、勤怠管理のみならず時間外労働や休暇の申請・承認のワークフロー、有給休暇の自動付与、シフト管理や給与ソフトとの連携など、多彩な機能を備え、企業の業務改善・効率化に大きな力を発揮します。

ICカード打刻の場合、PCに接続する低価格のICリーダーに加え、PC不要ですぐに始められるカードリーダー「ピットタッチ」のご利用も可能です。PCやネットに対する知識がなくても1時間程度で簡単に導入が完了します。

インターネットを使用するクラウド型サービスなので、分散拠点でもシームレスな管理が可能です。紙のタイムカード運用で集計や管理コストに悩まされていた、分散拠点を多く持つ数百名規模の企業様にもご採用いただいております。

★「ICタイムリコーダー」製品について
https://web.ic-tr.jp/

★「スマホde勤怠」
https://web.ic-tr.jp/sp-ic/

★トライアルお申込み
https://web.ic-tr.jp/trial/

★会社概要
会社名 :株式会社オープントーン
https://www.opentone.co.jp/
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-5-2 須田町佐志田ビル6F
設立 :平成15年2月17日
代表者 :佐藤 大輔
従業員数:50名 (令和2年8月現在)
資本金 :1,500万円

★本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社オープントーン
ICタイムリコーダー事業部:サポート窓口
E-mail:workinghours-sales@opentone.co.jp
TEL : 03-4530-6222 FAX : 03-6368-4458

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング