最後の手段 feat. EVISBEATSほか「NEWVIEW AWARDS 2020」の作品制作の刺激となるアーティストコラボ第2弾AR5作品を公開!

PR TIMES / 2020年9月3日 17時15分

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区)、株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区)、株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)による共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、現在公募中のファッション/カルチャー/アート分野のxR(VR/AR/MR)コンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2020」に関連して、AR作品制作のインスピレーションとなるアーティストコラボレーションによるAR5作品を公開しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-133630-18.png ]

*xRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの現実世界と仮想世界とを組み合わせて新たな体験を提供する技術の総称

第1弾の2018年は世界7ヶ国219作品、第2弾の2019年は世界8ヶ国254作品が集まった「NEWVIEW AWARDS」。第3弾となる今年度は、VRに加えARのコンテンツも対象とし、さまざまなフィールドで活動する国内外のアーティスト / クリエイターによる作品を募集しています。本日公開したAR 5作品は、気鋭の映像作家とトラックメイカーのコラボレーション、最後の手段 feat. EVISBEATS『NEW 浴 VIEW』のほか、昨年のNEWVIEW AWARDS2019でSILVERとPARCO賞をダブル受賞したオノ夏キとラッパーmaco maretsによる『maco marets AR』、台北のメディアアーティストTeom Chen from OSVI『禮崩樂壞 When Rites Collapse and Music Spoils』、藤倉麻子『休暇スクワット個体』、トキメキ運送『トキメキ運送 新人研修』です。

さまざまなメディアで表現するアーティストが、初めてARにチャレンジした作品であり、誰もがAR作品を制作でき、アイデア次第で多様な体験をデザインできることを示しています。

この5作品がインスピレーションとなり、表現や体験を新たに拡張する作品が本アワードから誕生することを期待しています。

NEWVIEW AWARDS 2020
(英語)  https://newview.design/en/awards/
(日本語) https://newview.design/awards/



応募作品のインスピレーションとなるAR作品第2弾


[画像2: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-878484-17.png ]

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=m52x1w4ggAQ ]




『NEW 浴 VIEW』 最後の手段 feat.EVISBEATS 


[画像3: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-969211-7.jpg ]

映像URL: https://youtu.be/EiaPYXrSDgo

気鋭の映像作家による映像と音楽に導かれるAR入浴体験。「異次元浴場へようこそ。ここは山の神さまのご好意より、無料にて解放させていただいております お湯場です。老若男女どなたさまでもご入浴できます。お湯場には、あの世この世から様々な生き物が湯治に来ております。ぜひとも変態おじさんの気分で、お湯の中をお遊び下さいませ。」

[画像4: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-617102-15.jpg ]

最後の手段
https://www.saigono.info/

詳細URL: https://newview.design/works/new-yoku-view/



『maco marets AR』オノ夏キ feat. maco marets (with Discont)


[画像5: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-116014-8.jpg ]

映像URL: https://vimeo.com/452177288

NEWVIEW AWARDS 2019でSILVERとPARCO賞をダブル受賞したオノ夏キと、ラッパーのmaco maretsがコラボレーションしたAR作品。CDアルバム離れが進み、ストリーミングで音楽が簡単に聴ける時代。利便性は高くなったが、CDアルバムがメインだった時代は、アーティスト自身の感性に物理的に触れ、理解することができていた。今回はmaco marets 3rdアルバム『Circles』を基に、アルバムの世界観である「コインランドリー」をAR技術で現実世界に重ね、新たな1つの空間を生み出した。maco marets自身が好きな配色や仕様をヒアリングしながら具体化。AR技術を通して世界観をより身近に感じてもらうことで、アーティストとの距離感を縮められるのではないかと私は思う。CDアルバム販促の新たなアプローチとしても提案したい。

[画像6: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-317373-1.jpg ]

オノ夏キ feat. maco marets (with Discont)

オノ夏キ / USB人間
NEWIVIEW AWARDS 2019にてVR作品「ne.mui」が銀賞・PARCO賞をW受賞。9月、SICF21でのAR作品を展示予定。
website : http://ononatsuki.net

maco marets / Rapper
2016年、ソロアルバム『Orang.Pendek』でデビュー。最新作『Waterslide III』8月末リリース予定。
website: https://www.macomarets.me/
Twitter: https://twitter.com/bua_macomarets
Instagram: https://www.instagram.com/bua_macomaret

Discont / XR Artist
NEWVIEW AWARDS 2018 PARCO賞受賞。2019年、渋谷PARCOのリニューアルと同時にAR作品「World’s end supernova」を展示。現NEWVIEW CYPHERプロジェクトリーダー。
Twitter: https://twitter.com/VR_landscape

詳細URL: https://newview.design/works/maco-marets-ar



『禮崩樂壞 When Rites Collapse and Music Spoils』Teom Chen 


[画像7: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-636826-3.jpg ]

映像URL: https://youtu.be/6evntcZFxk0

「禮崩樂壞」は古代中国の慣用句で、「しきたりが崩壊し、音楽が台無しになる」と訳される。それは、現代社会の混沌とした状況の中で、人々が伝統的な価値観を重視しなくなった状況を示唆する。急速に変化する価値観への人々の順応性をテーマにしたAR作品を制作中。

[画像8: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-381102-6.jpg ]

Teom Chen from OSVI / New Media Artist
https://vimeo.com/teomchen

詳細URL: https://newview.design/works/when-rites-collapse-and-music-spoils



『トキメキ運送 新人研修』トキメキ運送 


[画像9: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-351099-14.jpg ]

映像URL: https://youtu.be/i5QO_qIPI6A

「隔たりを隔たりのままそれぞれのトキメキに変える運送業者」。移動行為の経験から考える、距離と時間の隔たり、またそれらとの出会い方を体験型アートに。

[画像10: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-359693-4.png ]

トキメキ運送 / アートコレクティブ
https://note.com/tokimeki_unso

詳細URL: https://newview.design/works/new-employee-training/



『休暇スクワット個体』藤倉麻子 


[画像11: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-645219-10.jpg ]

映像URL: https://youtu.be/8ZmV2U0fyMU

街に空き地がある。売り地、建設予定地、ただずっと空いていてむき出しの土台と雑草だけがある土地。体験者は好きな土地に空間を占拠する個体を呼び出すチケットを持っている。見つけた空き地の真ん前に立ってAR個体を出現させることができる。

[画像12: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-462997-5.jpg ]

藤倉麻子 / アーティスト
http://www.asakofujikura.com/

詳細URL: https://newview.design/works/an-individual-vacation-squatter/



NEWVIEW AWARDS 2020概要

NEWVIEW AWARDS 2020
(英語)  https://newview.design/en/awards/
(日本語) https://newview.design/awards/

■募集対象
アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使って制作・公開されたVR/ARコンテンツ作品が対象です。制作プロセスにおいてSTYLY以外のツール(3DCG、ゲームエンジン、DAW etc.)を使用することは構いません。すでに発表済みの作品も応募可能です。

STYLY オフィシャルサイト: https://styly.cc/

■賞について
・ゴールド / Gold Prize (1作品) 賞金 20,000USD
・シルバー / Silver Prize (3作品) 賞金 5,000USD
・PARCO Prize (1作品)PARCOとコラボ作品を制作し、PARCOに展示する権利
他。

※その他賞は決まり次第順次発表

■スケジュール
・募集期間:2020年8月3日(月)12:00~ 2020年11月2日(月)12:00(日本時間正午)
・一次審査結果発表(ファイナリスト約25作品選出予定):2020年11月中旬
・ファイナリスト作品展示・授賞式:2020年12月予定
・最終審査結果発表:2020年12月予定

■審査委員長
宇川直宏 / 現在美術家(DOMMUNE)
[画像13: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-693910-13.jpg ]

1968年生まれ。映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/大学教授/文筆家そして"現在美術家"など、幅広く極めて多岐にわたる活動を行う全方位的アーティスト。1980年代末にグラフィックデザイナー/映像作家として頭角を表し、2001年ニューヨークのMoMA PS1での「Buzz Club: News from Japan」、ロンドンのBarbican Art Galleryでの「JAM: Tokyo-London」に参加して以来、国内外の数多くの現代アートの展覧会で作品を発表。2010年 3月、突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数を叩き出し、国内外で話題を呼び続けている。宇川はDOMMUNEスタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの"現在美術作品"と位置づける。これまでDOMMUNEは数々の現代美術の国際展に参加し、ロンドン、ドルトムント、ストックホルム、パリ、ムンバイ、リンツ、福島、山口、大阪、香川、金沢、秋田、札幌、佐渡島...と、全世界にサテライトスタジオをつくり、偏在(いま、ここ)と、遍在(いつでも、どこでも)の意味を同時に探求し続けている。2019年11月22日、渋谷PARCO9階のクリエイティヴスタジオに移転。そして2020年開局10周年を経て、第二章に向けて5G以降の最前衛テクノロジーと共に未来を見据えたUPDATEを図り、ファイナルメディア『DOMMUNE』の進化形態『SUPER DOMMUNE』へと進化した。

■審査員 (順不同)※一部抜粋。全文はNEWVIEW AWARDS WEBサイトをご参照ください

[画像14: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-742899-11.jpg ]

・真鍋大度 / アーティスト・インタラクションデザイナー・プログラマ・DJ
東京を拠点に活動するアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。2006年Rhizomatiks 設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。2020年6月には 監督を務めたSquarepusherのMV「Terminal Slam」がPrix Ars Electronica 2020、Computer Animation部門にてHonorary Mentionを受賞。

・和田彩花 / アイドル
1994年8月1日生まれ。群馬県出身。アイドル。2009年4月アイドルグループ「スマイレージ」(後に「アンジュルム」に改名)の初期メンバーに選出。リーダーに就任。2010年5月「夢見る15歳」でメジャーデビューを果たし、同年「第52回 日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞。2019年6月18日をもって、アンジュルム、およびHello! Projectを卒業。アイドル活動を続ける傍ら、大学院でも学んだ美術にも強い関心を寄せる。

・デイヴィッド・オライリー / マルチディシプリン・アーティスト
デイヴィッド・オライリーはロサンゼルスを拠点に活動するマルチディシプリン・アーティスト。独立系アニメーターとしてキャリアをスタートさせ、『Please Say Something』や『The External World』など数々の賞を受賞した短編映画を制作。『アドベンチャー・タイム』や『サウスパーク』などのテレビ番組の脚本を手がけ、スパイク・ジョーンズ監督のアカデミー賞受賞作「Her」では架空のビデオゲームを 制作。

・ルー・ヤン / アーティスト
ルー・ヤン(中国、上海生まれ)は、上海を拠点に活動するマルチメディア・アーティスト。死、アンドロジニー、ヒステリー、実存主義、スピリチュアルな神経学などが、ルーの耳障りな、時に病的な空想の源となっている。アニメ、ゲーム、SFなどのサブカルチャーからもインスピレーションを得て、3Dアニメーション、没入型ビデオゲームのインスタレーション、ホログラム、ライブパフォーマンス、バーチャルリアリティ(VR)、コンピュータプログラミングなどのメディアを通して、空想を探求している。制作を始めて以来、科学者、心理学者、パフォーマー、デザイナー、実験的な作曲家、ポップミュージックのプロデューサー、ロボット工学研究所、著名人などとのコラボレーション多数。

・ジェシー・ダミアーニ / ライター、プロデューサー、キュレーター
ジェシー・ダミアーニは、サザンニューハンプシャー大学新興技術学部の副部長、VRScoutの編集長、フォーブスの寄稿者、Nxt Museumのシミュレーション・リテラシーズ担当ディレクターを務める。また、Adweek、Billboard、Quartz、The Verge、Wiredなどの新興メディアに掲載実績がある。マイクロソフトのSocialVRプラットフォーム、AltspaceVRのトークショー「TECH TOCK」のホストも務める。

・トン・ヴァン・グール / STRPディレクター
オランダのアイントホーフェンを拠点とするSTRPのディレクター。STRPは、フェスティバルと小規模な一連の文化イベントからなり、フェスティバルは新作を中心とした国際的な展覧会、トークや対話、音楽やパフォーマンス、 教育的なプログラムで構成されている。2021年のテーマは「We All Are Asteroids(我々は小惑星だ)」で、人間もそうでない生き物も、大きなシステムの中でつながっているというメッセージを発信。

■スポンサー

[画像15: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-423014-2.png ]


■パートナー

[画像16: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-790673-12.jpg ]


■メディアパートナー

[画像17: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-477880-16.jpg ]



[画像18: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-430644-19.png ]


■サポーター

[画像19: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-342600-0.jpg ]


主催 NEWVIEW PROJECT

[画像20: https://prtimes.jp/i/23281/95/resize/d23281-95-199654-9.jpg ]


NEWVIEWについて
3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして2018年1月始動。多様なジャンルのアーティストと実験的作品を仕掛け、新たな表現を社会提示する活動のほか、「NEWVIEW AWARDS」、xRを総合芸術として学ぶアートスクール「NEWVIEW SCHOOL」を展開し、次世代クリエイターの発掘・育成・交流・発信を行っています。

NEWVIEW AWARDSの過去実績
NEWVIEWプロジェクト主催のファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツアワードとして初開催した「NEWVIEW AWARDS 2018」は世界7ヶ国219作品のエントリー、第2弾の「NEWVIEW AWARDS 2019」は世界8ヶ国254作品のエントリーが集まりました。過去2回はVR作品のみを対象としていましたが、年々規模が拡大、作品の質も向上しています。

Web:
NEWVIEW 2018
(英語) https://newview.design/en/awards/2018/
(日本語) https://newview.design/awards/2018/

NEWVIEW 2019
(英語) https://newview.design/en/awards/2019/
(日本語) https://newview.design/awards/2019/

NEWVIEW SCHOOLについて
「体験デザイン」としての総合芸術=xRを学ぶあたらしい表現の学校が「NEWVIEW SCHOOL」。2019 年6月に東京と京都で開講しました。2020年7月開講の第2期は、すべてのカリキュラムをオンライン化し、国内外の40名が「NEWVIEW AWARDS 2020」の卒業制作に向けて学びと実践を重ねています。今期は一部カリキュラムを共有する台北校もスタートし、世界へ活動を広げています。
Web: https://newview.design/school/

○お問い合わせ: NEWVIEW AWARDS 2020 事務局(担当 渡邊)
info@newview.design
プレスリリースやロゴなどが入った、プレスキットは以下よりダウンロードください。
https://bit.ly/3lgMtD6

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング