京急不動産、首都圏エリアでアットホームの「スマート申込」を導入

PR TIMES / 2021年1月21日 15時15分

~仲介業務のオンライン化を推進~

京急不動産株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:坂齊 素彦 以下、京急不動産)は、不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史 以下、アットホーム)が提供する賃貸物件の入居申込をオンラインで行える「スマート申込」を、首都圏エリアで導入することをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/51123/95/resize/d51123-95-147287-0.png ]


【概要】
2020年10月に国土交通省が実施した「賃貸借契約における電子書面交付」の社会実験など、近年不動産業界における賃貸借契約の電子化が推進されています。また、入居申込や重要事項説明などのオンライン化も注目され、不動産業界全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速しています。
京急不動産では、この度アットホームのオンライン入居申込システム「スマート申込」を導入し、入居申込手続きのオンライン化を進めてまいります。
アットホームは、「スマート申込」の提供を通して、京急不動産の入居申込における業務効率化と、賃貸管理業務全体における生産性の向上をサポートいたします。

■京急不動産株式会社 仲介事業部 計画担当 小齊平 晋
社内における賃貸借契約書や重要事項説明書の標準化および条項変更・追加漏れを防ぐため、2018年6月にアットホームの「賃貸管理システム」を導入しその後、入居申込や重要事項説明などのオンライン化を検討していたところ、アットホームから「スマート申込」の提案を受けました。社会情勢から対面によらない諸手続きを求められる場面や書類による手続きの煩雑さから解放され、業務効率を上げながらお客さまのニーズに少しでもお応えできる方策を模索していたため、基幹システムとしてすでに運用を始めていた「賃貸管理システム」と連携できる点が決め手となり、導入いたしました。
今後は、案内・申込から契約に至るまでの省力化により生まれた時間を、お客さまのために費やしていきたいと思います。


【「スマート申込」とは】
2019年8月よりアットホームが提供している、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのデバイスを用いて専用フォームに必要な情報を入力するだけで入居申込をオンライン上で行えるサービスで、家賃債務保証会社との取次連携も可能です。

<「スマート申込」フロー図>

[画像2: https://prtimes.jp/i/51123/95/resize/d51123-95-592122-1.png ]



【会社概要】
■京急不動産株式会社について
所在地 : 神奈川県横浜市西区高島1-2-8 京急グループ本社
設立日 : 1958年9月
資本金 : 10億円
代表者 : 代表取締役社長 坂齊 素彦
会社ホームページ : https://www.keikyu-sumai.com/

■アットホーム株式会社について
所在地 : 東京都大田区西六郷4-34-12
設立日 : 1967年12月
資本金 : 1億円
代表者 : 代表取締役社長 鶴森 康史
会社ホームページ : https://athome-inc.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング