「スマートハウジング」によるCO2削減事業参入~業界初!地中熱利用融雪システム導入による国内クレジット事業承認取得~

PR TIMES / 2012年12月6日 13時50分



「スマートハウジング」によるCO2削減事業参入
~業界初!地中熱利用融雪システム導入による国内クレジット事業承認取得~


エス・バイ・エル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:荒川 俊治、以下エス・バイ・エル)は、業界で初めて、地中熱利用融雪システムを導入した「スマートハウジング」におけるCO2排出削減量をクレジット化する、排出削減事業の共同実施者及び運営・管理者として、11月30日付で国内クレジット制度(※1)プログラム型排出削減事業計画の承認を取得致しました。

この度の「スマートハウジング」によるCO2削減事業は、エス・バイ・エルで地中熱利用融雪システムを導入頂いたお客様を対象に、「スマートハウジング倶楽部」(※2)へ任意でご入会頂き、各会員家庭のCO2削減量をご報告頂きます。各会員家庭からご報告頂いたデータを、エス・バイ・エルが集計、バンドリング(取りまとめ)し、その結果を国内クレジット認証委員会に報告致します。審査の上、排出権(国内クレジット)の認証を受け、クレジット取引を行うことになります。
クレジット収益は、エス・バイ・エルが委託を受け、環境保全活動に活用して参ります。

エス・バイ・エルでは、低炭素社会の実現に向け、また、お客様と共に取り組む環境活動として、「スマートハウジング」によるCO2削減事業を推進して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング