「ゆるるの森づくり」事業についてお知らせ

PR TIMES / 2013年8月30日 15時45分

地域の大学(県立広島大学)と連携した高等部生徒による公園整備活動を実施します。

  広島県立庄原特別支援学校高等部生徒が,県立広島大学(庄原キャンパス)の学生と共同して,国営備北丘陵公園内の未整備地域の整備作業を実施します。整備した地域は公園の新エリア「ゆるるの森」として活用し地域の活性化につなげる予定です。



広島県立庄原特別支援学校高等部の生徒が,県立広島大学(庄原キャンパス)の学生と共同し,国営備北丘陵公園内の未整備地域の整備作業を行います。整備した地域は公園の新エリア「ゆるるの森」として,地域住民との交流を深める場として憩える森にしていく予定です。
 今後3年かけて森の中に遊歩道,案内看板及び遊具等を整備する予定で,今年度は,9月5日(木)から10月23日(水)までの期間のうち,4日間作業を行う予定です。具体的には,下草刈り,木の伐採,伐採した木でベンチ作り,案内看板作り等の森の整備を行います。
 特別支援学校の生徒が大学と共同して,このような活動を行うことは全国的にも珍しい取組です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング