イオン幕張新都心店からICTを駆使した新しい買い物体験が始動

PR TIMES / 2013年11月20日 13時30分

イオンとソフトバンクテレコム、Yahoo! JAPANのコラボレーション



イオン株式会社(代表執行役社長 岡田元也 以下「イオン」)と、ソフトバンクテレコム株式会社 (代表取締役社長兼CEO 孫 正義 以下「ソフトバンクテレコム」)、ヤフー株式会社(代表取締役社長 代表取締役社長 宮坂 学 以下「ヤフー」)は、お客さまにICT(情報通信技術)を駆使し実店舗とインターネットを連携させた新しいショッピングスタイルを提供する取り組みを推進してまいります。

これまでもイオンとソフトバンクテレコムは、iPadによる従業員向けのビジュアルコミュニケーションツール「ACC(イオンクラウドキャンパス)」やヤフーとのコラボレーションによるO2O(※1)の展開を進めるなど、協力関係を構築してきました。今回、イオン幕張新都心店のオープンを皮切りに、お客さまの新しい購買体験を高めるオムニチャネルの取り組みを開始します。


〈実店舗とインターネットの連携を強化し、お客さまに新しいショッピングスタイルを提供〉
今春、全国の総合スーパー「イオン」など約460店舗にて導入した国内No.1ポータルサイトである「Yahoo! JAPAN」と連携したO2Oサービス「ウルトラ集客」(※2)に加え、12月20日(金)にグランドオープンするイオン幕張新都心店において、3社が協力してICTを駆使した取り組みを順次提供してまいります。

12月20日(金)より順次開始する主な取り組み:
◎ソフトバンクテレコムとヤフーが提供する「ウルトラ集客」との連動強化
◎スマートフォンのカメラを商品のPOPなどにかざすだけでレシピが表示される独自アプリ「撮って!インフォ」(仮称)のサービス開始
◎国内No.1電子マネー「WAON」をより楽しく利用できる「WAONサービスアプリ」のサービス開始
◎店内で無料インターネット接続をご利用できる「イオンWiFi」サービス開始


〈ソフトバンクテレコムとヤフーが提供する「ウルトラ集客」との連動強化〉
今回、ソフトバンクテレコムと協力して開発したスマホ向けの「WAONサービスアプリ」や「ウルトラ集客」を活用した各種クーポンを発信し、お客さまにキャンペーンへの参加を促進します。店内に設置している「ハッピーゲート」からクーポンを取得いただき、お客さまが特典を受けることができるサービスをスタートします。


〈新生Yahoo!ショッピングへの積極参加〉
イオンは、ヤフーが運営するインターネットショッピングモールである「Yahoo!ショッピング」へ積極的に参加します。近年のICTの発展やスマートフォンの急速な普及に伴い、Eコマース市場の成長は速度を増しています。日本最大級のインターネット企業であるヤフーは、今年10月から「Yahoo!ショッピング」の大幅な料金改定等により店舗数の拡大と集客力の強化をしています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング