マイクロコンピュータ対応の音声認識エンジンを新開発ルネサスのソリューションにAmiVoiceが採用されました

PR TIMES / 2018年9月19日 13時1分

低クロック省メモリ環境でのスタンドアローン認識を実現

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)のマイクロコンピュータ対応の音声認識エンジンと、株式会社テクノマセマティカル (本社:東京都品川区、代表取締役社長:田中 正文 以下、テクノマセマティカル)のノイズ低減技術が、ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精 以下、ルネサス)の「RZ/A1H」を使用した高機能HMIソリューション、「RX231」を使用した低消費電力音声認識ソリューションに採用されました。



音声認識は既にスマート端末、ロボット、IoT家電など、多くの製品に搭載され、ヒューマン・インタフェースとして使用されています。民生機器や産業機器などにおいてコストをできるだけ抑えながら、より便利な機能を搭載したいというニーズに応え、アドバンスト・メディアでは低クロックなCPU、省メモリ環境で動作する、マイクロチップ対応の音声認識エンジン「AmiVoice Micro(アミボイスマイクロ)」を開発し、ルネサスのソリューションに提供しました。
テクノマセマティカルのノイズ低減技術「ズームボイス」により、周囲の雑音を抑えながら狙った前方向からの音を強調して集音し、インターネット接続が不要な音声認識エンジンで文字化します。

[画像: https://prtimes.jp/i/20223/97/resize/d20223-97-896106-0.png ]

■高機能HMIソリューション「RZ/A1H」
インターネット接続無しで、ノイズ低減、音声認識、音声合成、タッチパネルを実現。
・ノイズ低減技術を使用した音声認識機能を搭載
・音声認識機能はチューニング可能
・音声合成機能、液晶表示で結果をフィードバック

■低消費電力 音声認識ソリューション「RX231」
低消費電力技術とDSP演算の組み合わせで高機能な音声認識機能を実現。
・音声前処理技術を使用した音声認識機能を搭載
・赤外線通信を搭載
・すぐに音声認識機能の評価・開発が可能
[表: https://prtimes.jp/data/corp/20223/table/97_1.jpg ]


※詳細は下記HPをご覧ください
https://www.renesas.com/jp/ja/solutions/proposal/voice-recognition.html

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア STF事業部
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp
https://www.advanced-media.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング