Garoon 5 リリース

PR TIMES / 2019年10月21日 12時25分

~APIを強化・Microsoft Office365など他製品連携を拡充~

サイボウズ株式会社は中堅・大規模組織向けグループウェア「Garoon(ガルーン)」のパッケージ最新版バージョン「Garoon 5」を2019年10月21日 (月) より販売開始します。



サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、社長:青野慶久、以下サイボウズ)は中堅・大規模組織向けグループウェア「Garoon(ガルーン)」のパッケージ最新版バージョン「Garoon 5」を2019年10月21日 (月) より販売開始します。

■最新版「Garoon 5」は API連携強化、通知 UI を一新
今回のバージョンでは、スケジュール、ワークフロー、メッセージなどAPIが強化され、より柔軟にカスタマイズができるようになりました。サイボウズオフィシャルパートナーによるMicrosoft Office365との連携オプションの提供が予定されています。また、通知のUIを一新し、自分あての通知を素早く処理できるようになりました。新機能詳細については、下記リンクをご覧ください。

▽最新版のポイント(Garoon 5)
https://garoon.cybozu.co.jp/support/whatsnew/package/191021.html

■パッケージ版のユーザー数は堅調に増加。カスタマーサポートが好評
パッケージ版Garoonをご契約中のユーザー数はGaroon 4を発売した2014年と比較して1.3倍に伸びています。クラウドの需要が増えつつある一方で、パッケージ版の利用ユーザー数も堅調に増加しています。お客様からは製品機能に加え、カスタマーサポートに高い評価をいただいています。なお、Garoonのサポートを行っているサイボウズのカスタマーセンターは、「HDI-Japan」(ヘルプデスク協会)が主催する、HDI格付けベンチマーク「モニタリング」において、最高ランクである三つ星を2018年から2年連続で獲得しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/27677/97/resize/d27677-97-839128-0.png ]


■Garoon について
公式サイト: https://garoon.cybozu.co.jp/
国内外 5,200社250万人に導入されている中堅・大規模組織向けグループウェアです。数万人規模でも安心して利用できる高いスケーラビリティと使いやすさを両立。全社の情報共有基盤としての役割はもちろん、部門や拠点間の垣根を越えたコミュニケーションを促進し、チームの力を最大限に引き出します。多言語・タイムゾーン対応で企業の国際化を強力にサポートします。

■HDI格付けベンチマークについて
HDIはITサポートサービスにおける世界最大のメンバーシップ団体であり、世界初の国際認定資格制度を築きあげました。HDI-Japanは日本のサポートサービス業界の要請に応えて、世界のHDIと同じコンセプトで2001年に設立された団体です。「HDI格付けベンチマーク」は、HDIの定める国際基準に基づいて設定された評価基準に沿って、専門の審査員が顧客の視点から評価し、「三つ星」から「星なし」までの4段階で格付けするものです。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
https://cybozu.co.jp/logotypes/other-trademark/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング