【トリップアドバイザー】「外国でやってはいけないハンドサイン」のトリップグラフィックスを公開

PR TIMES / 2012年5月24日 15時34分



トリップアドバイザーでは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして毎週公開する「トリップグラフィックス」の第33回として、「外国でやってはいけないハンドサイン」を公開しました。

http://tg.tripadvisor.jp/taboosign/

外国でタブーとされているハンドサインをまとめました。

例えば、ピースサインといえば万国共通のような気がしますが、
ギリシャでは、かつて犯罪者に2本指で物を投げたことから、侮辱の仕草とされているとか。
親指と人差し指で円をつくるOKサインも、フランスでは”数字のゼロ”を表し、人に向ければ”役に立たないもの”を表す、これまた侮辱の仕草となってしまいます。

また、小指を立てて「お前のカノジョ、可愛いな」などと言うのも、例えば中国では、一番小さい小指は”最も小さい、できの悪い人”を表すサイン。褒めたつもりがかえって失礼になってしまいます。

このように日本で何気なくやっているハンドサインでも、一歩外国に出ればタブーとされているものが多いことが分かります。

訪問先の人々を不快にさせることなく、また自身も安全な旅を楽しめるよう、基本的なタブーを知っておくのもいいかもしれません。

また今回は、このタブーのハンドサインをプリントした「旅先で絶対に着てはいけないTシャツ」を制作、100名様にプレゼントしています。詳しい応募方法等はグラフィックの掲載ページに掲載しています。

http://tg.tripadvisor.jp/taboosign/


この「トリップグラフィックス」は、インターネットなどを通じた自由な利用を想定しており、ぜひ御メディアでのご紹介、ご活用を賜れば幸いです。公開した画像も添付いたしますので、ご自由に活用ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング