(株)パルコの自主編集ショップ「once A month」(福岡パルコ)にて7月20日~新企画がスタート!

PR TIMES / 2014年7月19日 10時15分

地元・九州で活動する「シュガーロード部」とタイアップした『HYACCA* 百菓店』 by シュガーロード部を開催!

(株)パルコが運営する「once A month」(福岡パルコ 1F)は、毎月1回、季節やイベントモチベーションに合わせて商品を変えながら新しい発見を発信するセレクトショップ。
このたび、地元・九州の長崎-佐賀-福岡のシュガーロード上で活動を始めた「シュガーロード部」とタッグを組み、シュガーロード周辺のお菓子と器を通して、九州の魅力を発信するイベントを開催いたします。

■イベントタイトル:『HYACCA* 百菓店』 by シュガーロード部
■会期:2014年7月20日(日)~ 8月19日(火)
■時間 : 10:00 - 20:30
■会場:福岡パルコ1階・once A month店内




■イベント概要
長崎-佐賀-福岡のシュガーロード上で活動を始めた「シュガーロード部」と、新しい発見を発信し続けるパルコ発の自主編集ショップ「once A month」がタッグを組み、シュガーロード周辺のお菓子と器を通して、九州の魅力を発信するイベントを開催いたします。

★「シュガーロード部(http://hyacca-sugar.com)」
2013年12月に活動を開始したシュガーロード部は、歴史豊かな九州の砂糖文化に学び、積極的にお菓子の世界に参加する部活動。シュガーロード上に暮らす川路あずさと宮崎友理子が主催となり、企画ごとに研究部員を集めて、活動を行っている。生活の中でシュガーロード周辺のお菓子をリサーチしながら、私たちが暮らす土地を楽しくおいしく知る方法、そしてお菓子を通じたコミュニケーションのあり方を提案し、これからのお菓子文化を見つめる為の研究・活動を行なっている。
2014年にポスターマガジン『HYACCA* 百菓』を創刊。001号の特集は長崎県平戸に伝わるお菓子「烏羽玉」。『HYACCA* 百菓』はテーマによりその都度適した形をとり、今後100の展開を行なう。100号目が揃った時には現代版の『百菓之図』が立ち現れるプロジェクト。今回はシュガーロード部が発行する『HYACCA* 百菓』の由来にあたる『百菓之図』と、復元菓子「烏羽玉」(うばたま)に焦点を当てた展示とイベントを行います。
★『百菓之図』とは
江戸末期より平戸藩松浦家(長崎県平戸市)に伝わる、百種類の菓子が極彩色で描かれ、菓銘と製法が記された書物です。一般公開の機会は滅多になく大変貴重な菓子資料です。本企画は『百菓之図』を所有する松浦史料博物館(http://www.matsura.or.jp/)の協力により実現しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング