フリースケール、TD-LTE基地局向けの6種の 新しいAirfast RFパワー・ソリューションを発表

PR TIMES / 2013年6月10日 12時14分

2.3/2.6GHz帯のTD-LTE向けに比類のないゲインとリニアリティを実現し、 メトロセル/マクロセル・アプリケーションをサポートする最新RFトランジスタ



フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、2.3/2.6GHz周波数帯域のTD-LTE基地局向けに設計された6種の新しいAirfast (エア・ファスト)RFパワー・ソリューションを発表しました。

高スループット性能を備え、大量のユーザを同時にサポートできるこの新ソリューションにより、2.3/2.6GHz周波数帯域が世界的にLTEにとって推奨されるべき周波数帯域となります。昨年末に中国政府がTD-LTE技術に対して2.3/2.6GHz周波数帯域を割り当てることを発表しており、この市場は大きく成長すると見込まれています。

フリースケールの最新Airfastトランジスタは、比類のない帯域幅とリニア効率を小型サイズで実現し、世界中でTD-LTEネットワークの迅速な展開を牽引するよう設計されています。50~200Wの幅広い出力のラインナップが揃っており、メトロセル/マクロセル・アプリケーション向けソリューションが実現します。

フリースケールの上席副社長兼RFディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるリトゥ・ファブレは、次のように述べています。「フリースケールは、2.3/2.6GHz周波数帯域の展開されるタイミングと重要性をこれまで正確に予測しており、高性能なAirfast製品の開発を進めてきました。新しいRFパワー・ソリューションはすでに出荷を開始しており、世界中のTD-LTEネットワーク展開を加速しています。」

フリースケールは、フェムトセルからマクロセルまで、幅広い基地局アプリケーションに対応するシステムレベルの基地局ソリューションを提供しており、今回の最新製品もその中に位置付けられます。Airfast RFパワー・ソリューションに加え、フリースケールでは、幅広いRF GaAs MMIC、包括的なQorIQ Qonverge(コア・アイキュー コンバージ)プラットフォームを用意しており、共通のアーキテクチャをベースとしつつ、小型セルから大型セルまで、さまざまな基地局に対応する高度な拡張性を備えた基地局プロセッサ・ポートフォリオを実現しています。QorIQ Qonvergeプラットフォームを採用することで、セル・サイズにかかわらず、ソフトウェアを再利用することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング