1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<抽選で1万名様に、その場で、Amazonギフト券が当たる> 「第1回!全国統一『鮮度みそ検定』」 Twitterキャンペーン開催!

PR TIMES / 2021年7月21日 10時45分

マルサンアイ株式会社(本社:愛知県岡崎市、代表取締役社長:渡辺 邦康)は、2021年7月21日(水)から、
公式Twitterアカウントにて「第1回!全国統一『鮮度みそ検定』」キャンペーンを開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/48770/98/resize/d48770-98-19e147a3bffa9769513a-0.jpg ]

■「第1回!全国統一『鮮度みそ検定』」Twitterキャンペーン概要
“鮮度みそ”シリーズは、みそ業界初の二重構造鮮度ボトルを採用し、おいしさをキープしたまま、開封後90日常温で鮮度を保つ、片手で使える便利な調味料として、大変ご好評いただいております。このたび、”鮮度みそ”シリーズの魅力をさらに多くの方に知っていただけるよう、クイズ形式のTwitterキャンペーンを企画いたしました。マルサンアイ公式Twitterアカウントより投稿されるクイズに正解された方の中から、抽選で計1万名様にAmazonギフト券がその場で当たります。クイズは週替りで計4問出題、回答期間内は当選するまでご応募いただけます。

【回答期間】 第1問目:2021年7月21日(水)12時00分~7月28日(水)11時59分
       第2問目:2021年7月28日(水)12時00分~8月4日(水)11時59分
       第3問目:2021年8月4日(水)12時00分~8月11日(水)11時59分
       第4問目:2021年8月11日(水)12時00分~8月18日(水)23時59分 (最終応募締め切り)
【応募方法】 1.マルサンアイ公式Twitterアカウント(@marusanai_jp)をフォロー。
       2.マルサンアイ公式Twitterアカウントから投稿される対象ツイート(#鮮度みそ検定 が目印)の
        クイズに挑戦いただき、ハッシュタグ付きの選択肢の中から正解を選んでツイートする。
       3.ツイート後、対象ツイートに表示されるリンクへ進み、アカウント認証後、
        クイズの正誤を発表。正解の場合は抽選に進む。
        不正解の場合は、翌日以降の別の対象ツイートから再挑戦が可能です。
       4.その場で当落を発表。落選の場合は、翌日以降の別の対象ツイートから再挑戦が可能です。
        ※当選権利についてはクイズ1問につき、おひとり様1回とさせていただきます。
【賞品】 ●Amazonギフト券1,000円分 100名様
     ●Amazonギフト券500円分 900名様
     ●Amazonギフト券100円分 9,000名様 計10,000名様
     ※Amazonギフト券は、デジタルコードタイプをご用意します。
     ※AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

■開封後90日常温保存OK!“鮮度みそ”シリーズ商品概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/48770/98/resize/d48770-98-5b8542bbbae74a7e45e4-1.jpg ]

“鮮度みそ”シリーズは、「お料理をもっとおいしく!もっと便利に!」、そんな声におこたえするため2017年に誕生いたしました。豊富なラインナップで、お料理・シーンに合わせてお選びいただけます。常備調味料の新常識“鮮度みそ”がおいしい料理へ導きます。
ブランドサイトURL: https://www.marusanai.co.jp/torokeru-miso/
[画像3: https://prtimes.jp/i/48770/98/resize/d48770-98-fec6d028f861d7b47025-2.jpg ]

■マルサンアイ株式会社について
本社所在地:〒444-2193 愛知県岡崎市仁木町字荒下1番地
代 表 者:代表取締役社長 渡辺 邦康
資 本 金:8億65百万円
設  立 :1952年3月
U R L : https://www.marusanai.co.jp/
業 務 内 容:大豆を主原料とするみそ・豆乳、無菌充填技術を活かした飲料、その他食品の製造販売。
      2020年9月期の売上は、294億円。
当社では大豆を中心とした様々な製品の製造販売を通じて、企業理念である「健康で明るい生活へのお手伝い」を実現するとともに、今後も多くの方に大豆製品の魅力を感じていただけるよう、新商品開発や生活者との接点強化を図っていきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング